[PR] 株式情報
『ハンナ』
16才、罪を知るには若すぎる。


暗殺者として育てられたハンナ。
驚愕の身体能力と判断力で
確実に殺す。
その誕生の裏に隠された
恐るべき秘密とは!?








幼少のころから父親に相手を殺すための手段しか教わらなかった16歳の少女と、彼女を追うCIA捜査官との追走劇。


元CIA工作員の父とフィンランドの山奥で人知れず暮らす16歳の少女ハンナ。彼女は幼い頃から格闘テクニックを叩き込まれ、いつしか父を超え、外の世界へ旅立つ日が来た。そんな彼女を父の元同僚であるIA捜査官マリッサが執拗に追う。マリッサの手下との壮絶な戦いのなかで、ハンナは自身の卓越した身体能力の秘密を知らされることになる・・・



痛みを知らず感情ももたない16歳の無垢な少女ハンナ。戦闘マシーンとして育てられた彼女を追うCIA捜査官。彼女を追う理由と彼女の秘密。謎解きサスペンスとアクション、そしておとぎ話的なテイストを盛り込んみ、ジョー・ライト監督としてはちょっと異色作。ハンナのアクションや外の世界に出たことでの驚き成長はよくわかるが、父親やCIA捜査官がハンナをどうしたいのかがイマイチよくわからないのがストーリーとして少しつまらなくしている。また、ハンナが一緒に行動することになる家族(特に子供たち)との交流も中途半端すぎる。ハンナにはあの家族とのふれあいで家族愛というものも学ばせたかったように思う。映画としては少し盛り上がりには欠けるが、ハンナ演じるシアーシャ・ローナンの体当たりアクションは必見だ・・・。


評価:★★★


原題:Hanna
監督:ジョー・ライト
出演:シアーシャ・ローナン、エリック・バナ、トム・ホランダー、オリビア・ウィリアムズ、ジェイソン・フレミング、ジェシカ・バーデン、ケイト・ブランシェット・・・他
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【ハンナ】
http://www.hanna-movie.jp/


評価・紹介No.:2011-142
スポンサーサイト
【2011/09/05 03:03】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する