[PR] 株式情報
『ハウスメイド』
この家の欲望には、
果てがない。



支配され、奪われる。その関係が逆転するとき、家政婦の無垢は狂気に変貌する──。








キム・ギヨン監督の官能サスペンス「下女」(1960年)のリメイク映画。
豪華邸宅に暮らす一家と一人の若い家政婦の狂気と欲望のドラマ。


上流階級の邸宅にメイドとして働くことになったウニは、家事全般の他、妊娠中の妻と6歳になる娘の世話をするのも彼女の仕事だった。古株メイドのビンショクの指導のもと、一生懸命に働くウニだったが、ある夜、主人のフンと関係を持ってしまう。妊娠したウニのことを知った一家は残酷な手を使い阻止しようとし、そしてウニに悲劇が起こる・・・



古株の家政婦は見た、そして告げ口をした・・・金持ちの主人と若い家政婦の情事という設定はよくあるが、金目当てでもなく妊娠に対する復讐でもない。情事、妊娠をして金持ち一家から受けた悲劇からの憎悪復讐劇である。ラストでの衝撃はあるものの全般的には狂気や欲望というより、韓国エロスだ。とにかく脱がなくてもエロモン出しまくりのチョン・ドヨン。お色気ではなく無垢からのエロティックオーラが凄い。主人公ウニや古株メイドの心理がイマイチよくわからなかったのと、ウニになついていた6歳の娘の心理描写をも少し描いてほしかった。そして、サイコスリラー的怖さをもっと出してほしかった・・・。


評価:★★★


原題:下女(英題:THE HOUSEMAID)
監督:イム・サンス
原案:キム・ギヨン
出演:チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョン、パク・チヨン、アン・ソヒョン・・・他
製作国:韓国
配給:ギャガ

【ハウスメイド】
http://housemaid.gaga.ne.jp/


評価・紹介No.:2011-147
スポンサーサイト
【2011/09/10 03:30】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する