[PR] 株式情報
『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』
動物と同じ目線で描いた驚きの世界。90分間、あなたは動物になる


感動・興奮・スリル! 生きるための真実がここにある!








「ディープ・ブルー」「アース」イギリスBBC政策によるBBC EARTHのネイチャー・ドキュメンタリー番組「Life」の劇場版。


[ウェッデルアザラシ:すべてを、我が子に]天敵を避け、敢えて極寒の地を子育ての場所に選ぶ。過酷だが安全なこの場所で、生き抜く術のすべてを教え込む。

[ハネジネズミ:命懸けの攻防]自分より動きの早い敵から身を守るために、縄張り内のあらゆる道、カーブを記憶し、完璧な逃走経路を整える小さな知略家。邪魔な小枝等は常に片付け、生きる備えに抜かりはない。

[カイツブリ:互いを結ぶ確かな愛]驚異的なスピードで共に水面を駆ける愛のダンス。全身で、そしてまっすぐな心で表現するのが動物的な愛の形。

[ミズダコ:はかない母性愛]一生に一度だけ産卵し、子を産み落とした後は半年間、飲まず食わず、付きっきりで子を守る。卵からかえる姿を見届けると、役目を果たしたかのように、その一生を終える。



製作期間は6年、撮影日数3000日、総製作費35億円、世界18カ国の24か所で70人以上のカメラマンが、地球の全大陸、陸・海・空に住む多種多様の生物がそれぞれの命をつないでいく様子を最新のカメラシステムを用いて動物と同じ目線で撮影している。超ハイスピードカメラ、ヨギカム、ハイビジョンマイクロカメラといった最新システムでの、超スロー再生、動物と同じ目線での映像はとにかく素晴らしい。親から子への教え、命を賭けての攻防、愛の表現、母性による犠牲愛等々、映像としては感動させられるのだが、ナレーションが雑音に思えてしまい感動が薄れてしまっている。映像と字幕のみのほうがより感動できたのではだろうか・・・


評価:★★★


原題:One Life
監督:マイケル・ガントン、マーサ・ホームズ
出演:松本幸四郎、松たか子・・・他
製作国:イギリス
配給:エイベックス・エンタテインメント

【ライフ ―いのちをつなぐ物語―】
http://onelifemovie.jp/


評価・紹介No.:2011-149
スポンサーサイト
【2011/09/13 03:29】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する