[PR] 株式情報
『海洋天堂』
平凡にして偉大なるすべての父と母へ――。


すこしでも君が
幸せに暮らせるように──。

自閉症の息子と
共に歩むいとおしさの日々。
限られた時間の中で
父が最後に遺した、約束の楽園。







自閉症の息子を持つ余命わずかな父親の息子への愛情を描いた物語。


水族館勤務のシンチョンは、21歳になる自閉症の息子ターフーを男手ひとつで大切に育ててきた。しかし、シンチョンはガンで余命わずかと診断され、残されたわずかな時間で息子に一人でも生きていけるよう教育することを決意するのだった・・・



ジェット・リーがノーヒーロー、ノーアクション、ノーギャラで挑んだドラマ。末期の肝臓癌で余命宣告をされた父。我が身より息子の将来を暗示し、卵の割り方、買い物の仕方、バスの乗り降り、そして仕事ができるよう掃除の仕方を教える。そんな父親の愛情が優しくもあり痛々しくもある。父親だけでなく水族館の館長や近所のおばさん等の理解、支え、海亀として見守っているという父の台詞、そして余命モノにありがちのお涙頂戴もなく描かれているところは嫌味がない。海や水族館の水を映し出すシーンも美しい。ただ、癌の薬の逸話や自閉症についてみんなが理解していたりと優しさばかり描かれているのには予定調和すぎるように思えた。


評価:★★★


原題:海洋天堂(英題:OCEAN HEAVEN)
監督:シュエ・シャオルー
出演:ジェット・リー、ウェン・ジャン、グイ・ルンメイ、ジュー・ユアンユアン、カオ・ユアンユアン、ドン・ヨン・・・他
製作国:中国、香港
配給:クレストインターナショナル

【海洋天堂】
http://kaiyoutendo.com/


評価・紹介No.:2011-175
スポンサーサイト
【2011/10/17 03:32】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する