[PR] 株式情報
『電人ザボーガー』
あきらめるな!立ち上がれ!








1974年に放送された特撮ヒーロー「電人ザボーガー」の劇場版リメイク。


秘密殺人強盗機関Σ(シグマ)に父を殺され、復讐を誓う大門豊は、地球の平和を守るため、亡き父が作った変形型バイクロボット「ザボーガー」と共に日々闘い続けていた。そんな彼の前に敵の女サイボーグ・ミスボーグが現れ、大門は好意を抱くようになるが・・・。



「片腕マシンガール」「ロボゲイシャ」の井口昇監督によるB級感たっぷりなリメイク。主人公・大門豊の青年期を描いた第1部「たたかえ! 電人ザボーガー」と第1部から25年後の熟年期を描いた第2部「耐えろ大門! 人生の海に! 」の2部構成。ザボーガーのマシン造形、登場キャラクター、構成、ロボット同士の戦いと平成でありならが完全に昭和のニオイでオリジナルをリスペクトしておりはファンには涙モノ。その昭和テイストにザボーガーの変形等にCGを使いオリジナルよりカッコよく見せている。1部は結構まじめなストーリーだが、2部からはかなりハチャメチャでストーリーとしてはドッチラケムードが漂ってしまっている。また、1部と2部に25年の差が感じられず演出に工夫が欲しかった。ただ、オリジナル主題歌を挿入歌にしたり、本編に併せたオリジナル映像をエンドロール中に挿入したりとオリジナルに対する愛情は感じられた。次は、公害問題をテーマにした「スペクトルマン」あたりの完全リメイクをしてほしいものだ・・・


評価:★★★


監督:井口昇
出演:板尾創路、古原靖久、山崎真実、宮下雄也(RUN&GUN)、佐津川愛美、木下ほうか、渡辺裕之、竹中直人、柄本明・・・他
製作国:日本
配給:キングレコード、ティ・ジョイ

【電人ザボーガー】
http://www.zaborgar.com/


評価・紹介No.:2011-180
スポンサーサイト
【2011/10/26 03:07】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する