[PR] 株式情報
『マネーボール』
常識を打ち破る理論で
野球を変えた
ひとりの異端児の闘い。









メジャーリーグの貧乏球団・オークランド・アスレチックスをプレーオフ常連の強豪チームを作り上げたのビリー・ビーンGM(ゼネラルマネージャー)の奇跡を描いた実話物語。


元メジャーリーガーだったビリー・ビーンは、若くしてアスレチックスのGMに就任する。だが、貧乏チームの低迷は続きワールド・チャンピオンになるには程遠い状態で、優秀な選手を強豪球団へ引き抜かれるちう事態が続いていた。そんなある日、データ分析にたけたピーターと出会い、「マネーボール理論」という独自の理論でチーム改革を進めていくのだった・・・



貧乏球団から常勝軍団へと変えた男・ビリー・ビーン。その彼が「低予算でいかに強いチームを作り上げるか」という考えで成功した半生を描いたヒューマンドラマだ。彼が勝つために実践したマネーボール理論。セイバーメトリクスというデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法だ。出塁率の高い選手を起用し、リスクを負わない“勝つための”発想でチーム再建をする。旧スタッフ等から反感を買い、実践が思い通りに行かなくても諦めず突き進んむ彼の姿と他球団の不要選手の再生させる眼力には敬服する。しかし、これは彼一人の力ではなくデータ分析にたけたピーターの存在が大きいだろう。二人で辿った奇跡の軌跡である。ビリーのサクセスストーリーとしてはよくできているが、如何せんあまりにもまじめに作っているため少々面白みに欠け長時間ドラマとして鑑賞するには少し辛いところがある。それにしても、ビリーが実践したセイバーメトリクスが、野球選手とは関係ない人間の趣味のデータ分析が始まりというのには驚きだった。


評価:★★★


原題:Moneyball
監督:ベネット・ミラー
原作:マイケル・ルイス「マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男」
出演:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・プラット、ケリス・ドーシー、キャスリン・モリス・・・他
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【マネーボール】
http://www.moneyball.jp/


評価・紹介No.:2011-200
スポンサーサイト
【2011/11/18 03:28】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する