[PR] 株式情報
『ハードロマンチッカー』
「暴力」という選択しか知らない男達の気が狂うほどマトモな日常







CMディレクターとしても活躍しているグ・スーヨン監督の半自伝的な原作小説を自らのメガホンで映画化。
下関を舞台に、高校中退のフリーターで在日韓国人2世の青年が、閉塞感に苛まれ刹那的な喧嘩を繰りし生きていく姿を描く。


山口県下関市。高校中退しフリーターとして暮らしている在日韓国人二世のグーは、警察やヤクザと顔は広いが誰ともつるまないグーだったが、後輩の辰とマサルが起こした事件をきっかけに暴力の連鎖に巻き込まれていく・・・



暴力、セックス、ヤバいクスリ・・・刹那的な暴力に生きる若者たちの姿を描いたバイオレス。暴力描写も痛ければ、暴力でしかエネルギーを発散できない若者たちの姿も痛く切ない。しかし、暴力ばかりの毎日だが、祖母だけには頭が上がらないグー。そんなグーの姿には人間味を感じてしまう。ウルトラバイオレンスな描写ばかりで観ていて疲れてしまう感はあるが、暴力でしか生きることが出来な若者たち必死さに心が痛み震えた。


評価:★★★★


監督:グ・スーヨン
原作:グ・スーヨン「ハードロマンチッカー」
出演:松田翔太、永山絢斗、柄本時生、遠藤要、渡部豪太、川野直輝、金子ノブアキ、落合モトキ、遠藤雄弥、ペ・ジョンミョン、石垣佑磨、淡路恵子、白竜、真木蔵人、渡辺大、芦名星、真木よう子、中村獅童、渡部篤郎・・・他
製作国:日本
配給:東映

【ハードロマンチッカー】
http://www.hard-roman-ticcer.com/


評価・紹介No.:2011-216
スポンサーサイト
【2011/12/15 03:23】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する