[PR] 株式情報
『ニューイヤーズ・イブ』
今日一日の勇気が、希望の年を連れてくる。


大晦日のニューヨーク──失くした絆を取り戻そうとする8組の人々に起きる、奇跡の物語る。







大晦日のニューヨークを舞台に、様々な人々が織りなす恋模様、絆を取り戻そうと奔走する人々の再生と希望を描いたラブ・ストーリー。


2011年の大晦日(ニューイヤーズ・イブ)。NYのタイムズスクエアでは、カウントダウンを彩るイベント“ポール・ドロップ”が行われる。その責任者のクレアは、なんとかイベントを成功させようと奮闘していた。一方、間近に死が迫った老人は死ぬ前にポール・ドロップを見たいと願っていた。そして、そんな彼を優しく気遣う看護師、タイムズスクエアでのカウントダウン・ライブを控えたロック歌手と大きなパーティを任され大忙しのケータリング会社の社長...さまざまな事情を抱える8組の人々が、大みそかのニューヨークで失われた絆を取り戻そうとする・・・



年越しのカウントダウンイベント“ポール・ドロップ”が行われようとしているニューヨーク。1年最期の日に起こる恋模様や家族、恋人といった大切な人との絆を取り戻そうとする人々。様々なシチュエーションで8組の人間模様を映し出す。どんな悲しみや困難も、勇気を出し愛を希望に変えて願いを叶える。8つのエピソードはそんなに大きなものではないが、ひとつひとつのエピソードに小さなハピネスが詰まっており心温まるものになっている。突然会社を辞めた女性の目標リストの願いを叶えるエピーソードはコミカルでかわいらしい。看護師女性の恋のエピソードはアメリカらしい遠距離恋愛で少し切なくホロリとさせる。新年を迎える前に少し振り返り、愛を育むところはハートフルである。


評価:★★★★


原題:New Year's Eve
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ハル・ベリー、ジェシカ・ビール、ジョン・ボン・ジョビ、アビゲイル・ブレスリン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ロバート・デ・ニーロ、ジョシュ・デュアメル、ザック・エフロン、ヘクター・エリゾンド、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、セス・マイヤーズ、リア・ミシェル、サラ・ジェシカ・パーカー、ミシェル・ファイファー、ティル・シュワイガー、ヒラリー・スワンク、ソフィア・ベルガラ・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【ニューイヤーズ・イブ】
http://wwws.warnerbros.co.jp/newyearseve/


評価・紹介No.:2011-226
スポンサーサイト
【2011/12/27 03:42】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する