[PR] 株式情報
『カルテット!』
大切な想いが響きあう──
Classicの調べに乗せ、この冬最高の感動を届けます



被災地・浦安から生まれた、家族の絆と再生の物語。







浦安市制30周年と東日本大震災で被害を受けた浦安市復興の願いを込められて制作された家族の絆と再生を描いた家族と音楽のドラマ。


音大出身の両親、高校生の姉と暮らす中学生の開は、将来を有望なバイオリニストの卵。しかし、父はリストラされ、姉も弟へのコンプレックスと自分を認めてくれない両親に反発しドロップアウト気味で家族は崩壊寸前だった。ある日、父のピアノを聴いた開は、家族が一つになるために家族カルテットを結成して演奏することを思いつく・・・



東日本大震災で制作が危ぶまれたが、被災市民ほか700人がエキストラ参加し完成した市制30周年映画。
父はリストラ、姉は不良の仲間入り、家族に鳴り響いた不協和音により崩壊寸前の一家。そんな家族の共通点は音楽で、主人公の少年は家族で演奏をしバラバラになった家族の絆を取り戻そうと奮闘する。ピアノの父とのデュオからはじまり、母のチェロのトリオ、そして姉のフルートが入りカルテットとなる。「G線上のアリア」をはじめクラシックの名曲と共に再生していく家族の姿はハートフル。しかし、父のリストラ問題、不良少女となった姉の疎外感、音楽をやめてしまった母の想い等々、深刻なことが結構中途半端である。主人公の少年の二つのコンサートの葛藤もサラリとしすぎている。震災直後の困難な中での撮影は苦労があったと思うが、もう少し深みのある内容にしてほしかった。


評価:★★


監督:三村順一
原作:鬼塚忠「カルテット!」
出演:高杉真宙、剛力彩芽、鶴田真由、細川茂樹、田中美里、サンプラザ中野くん、上條恒彦、由紀さおり、東幹久、秋山和慶、山根一仁・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【カルテット!】
http://quartet-movie.jp/


評価・紹介No.:2012-003
スポンサーサイト
【2012/01/13 03:30】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する