[PR] 株式情報
『ヒミズ』
「生きろ」と、君が言った。







「行け!稲中卓球部 」で人気を獲得した漫画家・古谷実の原作で2004年には舞台化もされた同名漫画の実写映画化した青春ドラマ。


15歳の少年・住田祐一は、震災で家を失くし実家の貸しボート屋に集う人たちと平凡な日常を送り、誰にも迷惑をかけずに生きる平凡な大人になることを夢見ていた。そんな住田にクラスメートの茶沢景子は好意を抱き、愛する人と守り守られ生きることを夢見ていた。そんなある日、借金を作り蒸発していた住田の父が帰ってき、金をせびりながら殴りつけるのだった。ほどなく母親は中年男と駆け落ちしてしまい天涯孤独となってしまう。そして、運命を変える事件が起こるのだった・・・



「ヒミズ」とは、モグラ科に分類される哺乳類。震災、父親のDVと借金、母親の駆け落ち、そしてあることがきっかけで父を殺しヒミズのような“日見ず”の生活をする少年。「オマケ人生」と名付け、自らの未来を捨てることを選択する。負がいくつも重なりあうが、唯一彼に光を与えるのは彼を思う景子である。そんな景子も私生活はどん底なのだが、愛だけを信じ住田を支え奔走する。絶望の住田を支えようとする景子の姿は、心が痛いが温かみを感じる。震災、孤独と東日本大震災とダブらせながら明日への希望、復興へのエールが感じられた。第68回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞した染谷将太と二階堂ふみの演技には圧倒された。


評価:★★★★


監督:園子温
原作:古谷実「ヒミズ」
出演:染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上淳、窪塚洋介、吉高由里子、西島隆弘、鈴木杏・・・他
製作国:日本
配給:ギャガ

【ヒミズ】
http://himizu.gaga.ne.jp/


評価・紹介No.:2012-009
スポンサーサイト
【2012/01/20 03:33】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する