[PR] 株式情報
『キツツキと雨』
雨でも…
きっと晴れるさ。



無骨なキコリと気弱な映画監督のちょっといい出会い――






素朴で無骨なキコリと気の弱い新人の映画監督との交流を描いたハートウオーミングなコメディー。


人里離れた山村に、ある日突然やってきたゾンビ映画の撮影隊。ひょんなことから無理矢理手伝わされる羽目になった木こりの克彦は、強引な撮影スタッフと“使えない若いスタッフ”に振り回され爆発寸前だった。一方、克彦に“使えない若いスタッフ”と勘違いされた新人映画監督の幸一は、その気弱な性格からパニック寸前となっていた。映画の撮影を通して克彦は映画の面白さに引き込まれ、幸一は克彦と接することで成長していく・・・



60歳のベテランの木こりと25歳の新人映画監督。出会うはずのない二人が出会い、やがて村中を巻き込みゾンビ映画が撮影される。スタッフに振り回されながらも最後は映画撮影に憑りつかれ奔走する木こりの姿とその木こりと接するうちに御所や生意気な俳優、自分よりキャリアが上のスタッフに押し潰されそうになりながらも本来の自分自身を見つけ自信をつけていく若い監督の親子のような歳の差の二人がふれあいは温かさを感じる。ダメ息子、木こりの仕事仲間、村の住民、撮影隊といった人間模様がコミカルだが人情味にあふれている。ゆるりとしながらクスッと笑える撮影風景は、本作の撮影でも起こったであったであろう情景で新鮮さを感じた。


評価:★★★★


監督:沖田修一
出演:役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古舘寛治、黒田大輔、嶋田久作、森下能幸、高橋努、平田満、伊武雅刀、山崎努・・・他
製作国:日本
配給:角川映画

【キツツキと雨】
http://kitsutsuki-rain.jp/


評価・紹介No.:2012-033
スポンサーサイト
【2012/02/22 03:57】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する