[PR] 株式情報
『顔のないスパイ』
100%予測不可能な罠!


現代に甦るソビエト伝説のスパイ“カシウス”の謎を追え──








若きFBI捜査官と引退した元CIAエージェントが手を組み、死んだはずの旧ソ連伝説のスパイを追うさまを描くスパイ・アクション。


ワシントンで起きた上院議員殺害事件。その手口からすでに死んだはずのソビエトの殺し屋「カシウス」の名前が挙がる。CIAは、一度は引退した元諜報員ポールを呼び寄せ、若きFBI捜査官ギアリーとチームを組ませ捜査にあたらせる。捜査が進むにつれカシウスの存在が明らかになっていくが、そこに浮かび上がったのはポール本人だった・・・



20年前に死んだはずのソビエト伝説のスパイ・カシウス。上院議員の殺害事件を機に、現代に甦ったスパイの亡霊に翻弄される若いFBI捜査官と元CIA諜報員。二転三転するストーリーで、物語に引き込まれる要素はあるのだが、ドキドキ感がまったくない。復讐劇も軽く、演出の悪さやリチャード・ギアの暗殺シーンが似合わないなどスパイ・アクションとしては退屈感が残ってしまう。原題タイトルから、おおよその予想がついてしまうのも残念だった。


評価:★★


原題:The Double
監督:マイケル・ブラント
出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーブン・モイヤー、オデット・ユーストマン、スタナ・カティック、クリス・マークエット、テイマー・ハッサン、マーティン・シーン・・・他
製作国:アメリカ
配給:クロックワークス

【顔のないスパイ】
http://w-spy.net/


評価・紹介No.:2012-044
スポンサーサイト
【2012/03/04 03:41】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する