[PR] 株式情報
『戦火の馬』
「前を向いて、走り続けるんだ…」


第一次世界大戦、激動のヨーロッパ──
故郷を遠く離れ、国境を越えて、
戦火を生き抜いた、奇跡の馬。
その存在は、人々の“希望”となった…。









2007年に「軍馬ジョーイ」として舞台化されたマイケル・モーパーゴの児童小説の実写映画化。
第一次大戦を舞台に、戦火によって飼い主の青年から引き裂かれてしまった馬の数奇な運命を描いたドラマ。



第一次世界大戦、激動のヨーロッパ。貧しい農家にひきとられた一頭の美しい馬は、ジョーイと名付けられ少年アルバートと固い絆で結ばれる。しかし戦争がはじまり、ジョーイはアルバートが知らぬうちに英国軍へ売られてしまう。やがてジョーイは軍馬として戦場へ送られてしまう・・・



農耕馬として育てられ、やがて軍馬となった馬ジョーイ。戦争の中、農家の少年、英国軍大尉、ドイツ軍で馬の世話をする幼い少年兵の兄弟、両親を亡くしたフランスの少女等と様々な人々と出会い戦場を駆け抜けた奇跡の馬の数奇な物語。戦争という愚かな場所で様々な人間との出会いふれあう。人間に可愛がられはするが、ブツギレのように居場所が代わり人との愛情はあまり感じられない。どちらかというと、英国軍馬として同じ戦場を駆け抜けた黒い馬との友情物語のほうが感動的だ。感動的に見せる終盤も、あまりにもご都合主義的すぎだ。また、その感動へむけて走るジョーイが有刺鉄線に突っ込み、絡んで動けなくなる姿は痛々しく心が痛んだ。“奇跡の馬”というのを描きたかったのだろうが、一つ一つの人との出会い、ふれあいをもう少し丁寧に描いてほしかったものだ・・・


評価:★★


原題:War Horse
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、デビッド・クロス、パトリック・ケネディ、セリーヌ・バッケンズ、トビー・ケベル、ロバート・エムズ、エディ・マーサン・・・他
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【戦火の馬】
http://disney-studio.jp/movies/warhorse/


評価・紹介No.:2012-050
スポンサーサイト
【2012/03/16 03:41】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する