[PR] 株式情報
『ミッドナイト・イン・パリ』
真夜中のパリに
魔法がかかる









作家志望の売れっ子の脚本家が、1920年代のパリへ1920年代のパリへタイムスリップするファンタジー・コメディ。


婚約者とともに憧れのパリを訪れたハリウッドの売れっ子脚本家ギルは、どこか満たされず作家をめざし執筆中だった。ある夜、深夜0時を告げる鐘と共に現れた車に乗り込むと、1920年代のパリへとタイムスリップしてしまう。そこで美しく官能的なアドリアナに出合い、惹かれ合っていくのだった・・・



作家志望の脚本家が、1920年代へタイムスリップする。そこは、ヘミングウェイ、ピカソ、ダリ、ゴーギャンなど自分の敬愛するアーティストたちが暮らした世界。脚本の仕事にモヤモヤし、作家目指す主人公。処女小説を執筆するがうまく書けず悪戦苦闘するなか、深夜に出会った敬愛するアーティストたちと会話し創作が生まれる。過去からの創作で小説を書くが、ファンタジックなようではあるが、これは主人公の現実逃避。おまけに婚約者と知ったかぶり男とに嫉妬し別の恋へと走る展開は納得できないところがある。パリの街並みを堪能はできるが、タイムスリップの不自然さが残ってしまう映画だ。


評価:★★

原題:Midnight in Paris
監督:ウッディ・アレン
出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリアンダ、カート・フラー、トム・ヒドルストン、ミミ・ケネディ、アリソン・ピル、レア・セドゥー、コリー・ストール・・・他
製作国:スペイン、アメリカ
配給:ロングライド

【ミッドナイト・イン・パリ】
http://midnightinparis.jp/

評価・紹介No.:2012-101
スポンサーサイト
【2012/06/03 03:21】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する