[PR] 株式情報
『ミッシング ID』
偽りの日常か、
真実の自分か。



行方不明者サイトで見つけたのは、
13年前の自分の写真──
人生すべてが「嘘」になる。










ごく普通の高校生がたまたま見た失踪者サイトに載せられた1枚の写真が幼いころの自分であることに気づき、その真実を追い掛けるうちに国家規模の陰謀に巻き込まれていくサスペンス・アクション。


ごく普通の高校生のネイサンは、ある日、児童誘拐事件のサイトで13年前の自分の写真を発見する。自分は一体誰なのかと疑い始めた瞬間、周りの人々が消され、ネイソン自身も狙われるようになり、彼はその場にいた幼馴染のカレンと逃亡するのだった・・・



児童誘拐事件サイトと13年前の自分の写真。自分の親は誰なのか?疑念と自身に葛藤する中、国家規模の陰謀に巻き込まれる。逃亡しつつ、敵に挑む主人公。そして、味方のはずのCIA。テイラー・ロートナーのアクションは見応えがあるが、彼自身の秘密ががどうも曖昧に描かれている。最後まで期待だけは持たしてくれるが空回りで終わってしまう。ボーンシリーズのようなサスペンス・アクションを狙ったのだろうが、アクションだけで終わってしまったのは残念だ。「トワイライト」シリーズ同様、テイラー・ロートナーのナイスな裸が見れるので、彼のファンの女性は必見かも・・・


評価:★★

原題:Abduction
監督:ジョン・シングルトン
出演:テイラー・ロートナー、リリー・コリンズ、アルフレッド・モリーナ、ジェイソン・アイザックス、マリア・ベロ、シガニー・ウィーバー、デンゼル・ウィテカー、マイケル・ニクビスト・・・他
製作国:アメリカ
配給:ギャガ

【ミッシング ID】
http://missing-id.gaga.ne.jp/

評価・紹介No.:2012-106
スポンサーサイト
【2012/06/08 03:03】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する