[PR] 株式情報
『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』
心は、離れない。


ノーベル平和賞の裏側にあった、家族の愛の物語。








ノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー女史の激動の半生と家族の愛を描いたドラマ。


1988年、英国で幸せな家庭生活を送っていたアウンサンスーチーは、母の看病のため祖国ビルマに戻ることになる。そこで目にしたのは、軍事政権により武力で制圧される民主主義運動の人々だった。「ビルマ建国の父」として死後も国民から敬愛されるアウンサン将軍の娘のスーチーに、民主主義運動家たちが選挙への出馬を懇願する。選挙に立候補することを決意する彼女だったが、それは軍事政権との長い闘いの始まりであり、愛する家族と引き裂かれた辛く厳しい人生の始まりだった・・・



ビルマ(現ミャンマー)における非暴力民主化運動の指導者アウンサンスーチー女史。ビルマの軍事政権と対峙し、度重なる自宅軟禁に耐えながらも祖国のために闘う姿と、離れ離れとなってしまった家族の愛を描いている。軍事政権の制圧にも屈せず孤独な闘いに身を投じた彼女だが、夫と息子2人の支えと彼女自身の鋼鉄のような強き心で祖国の自由のために闘う姿には胸を打たれる。凛とした姿でビルマ語を完璧に話すミシェル・ヨーはスーチー女史そのものだった。スーチー女史の政治活動にもう少し焦点を置けば、国際政治ドラマとして重みがあったように思う。


評価:★★★

原題:The Lady
監督:リュック・ベッソン
出演:ミシェル・ヨー、デヴィッド・シューリス、ジョナサン・ラゲット、ジョナサン・ウッドハウス、スーザン・ウールドリッジ、ベネディクト・ウォン・・・他
製作国:フランス、イギリス
製作:角川

【The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛】
http://www.theladymovie.jp/

評価・紹介No.:2012-142
スポンサーサイト
【2012/08/04 03:57】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する