[PR] 株式情報
『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』
緊急ミッション!
レディゴー!!










スーパー戦隊シリーズ36作目「特命戦隊ゴーバスターズ」の劇場版。巨大エネルギー・エネトロンの大量転送計画を企む宿敵ヴァグラスの計画を阻止するために戦うゴーバスターズの活躍を描く。


新西暦2012年、都市の生活は巨大なエネルギー「エネトロン」によって支えられていた。謎の存在「ヴァグラス」のエンターは、大量のエネトロンを蓄積した東京エネタワーとその周辺のエネトロンタンクを亜空間へ転送しようと企んでいた。エンターが生み出したスチームロイドにより、ゴーバスターズたちのバディロイドが錆びついてしまい絶体絶命の危機に。果たしてゴーバスターズはエネトロンを守ることが出来るのか・・・



脱原発や節電とエネルギー問題を抱える現代。36作目のスーパー戦隊は、「エネトロン」というクリーンアな新エネルギーで都市生活を支えている。メサイヤを現世に呼び戻すため大量のエネトロンを狙うヴァグラスとそれを阻止するために結成されたエネルギー管理局特命部所属の特殊部隊・特命戦隊ゴーバスターズ。ゴーバスターズの新しいバディロイドとバスターマシンを投入してのテレビ本編の一つエピソート的に描く。敵スチームロイドのために動かなくなったバディロイドとバスターマシン。敵ロボはテレビ本編のメガゾード4体に加えエアンター自ら操縦する新メガゾード。新バスターマシンで敵を倒すことが出来るのか?テレビとほぼ同じ尺なので特別なことはできないが劇場版としてはうまくまとまっている。スカイツリーブームの中、東京タワー全面協力というのもうれしいとこだ。大きなお友達や子供連れのお父さんにとっては、水崎綾女演じるエスケープが登場しなかったのは少し残念なところだ。


評価:★★★

監督:柴崎貴行
原作:八手三郎
出演:鈴木勝大、馬場良馬、小宮有紗、松本寛也、陳内将、榊英雄、西平風香、高橋直人、辻希美・・・他
製作国:日本
製作:東映

【特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!】
http://www.fourze-gobus.jp/

評価・紹介No.:2012-147
スポンサーサイト
【2012/08/17 03:10】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する