[PR] 株式情報
『かぞくのくに』
兄が奥さんと息子と住むあの国
私が両親と住んでいるこの国

近いのに遠いふたつのくに



25年が経過して、兄があの国から帰ってきた…










ヤン・ヨンヒ監督自らの実体験を基に、北朝鮮と日本と離れ離れに暮らす家族の姿を描いたドラマ。


25年ぶりに兄ソンホが北朝鮮から帰ってきた。病気治療のために許された帰国は3か月で、見知らぬ男が監視役として同行していた。家族や級友たちとの再会を喜ぶ一方、治療の検査結果は3か月では責任を持って治療できないと告げられてしまう。必死で解決策を探していたそんな矢先、本国からの帰国命令の連絡が入るのだった・・・



在日コリアンが地上の楽園と謳われた北朝鮮へ集団移動した「帰国事業」。その帰国事業で北朝鮮へと渡ったソンホ。脳に腫瘍が見つかり、申請より5年がかりで許された3か月の治療のための帰国。25年ぶりの家族の再会も本国からの監視付き。制限の多い北朝鮮に暮らす兄と、生まれたときから日本で自由に暮らす妹。息子のためにコツコツ貯金している母。治療の名目ではあるが、本当は本国からの命令を遂行するために家族を引き込むためだ。急遽の帰国命令はミッション失敗によるものなのか・・・家族といえでもあの国のために任務を遂行しないといけない不条理さ。不条理な世界での家族愛が非常に切ない。「あの国では、考えると頭がおかしくなる。ただ従うだけだ。」と兄は言う。考えず思考停止して生きていくのが最善というこの不条理さに胸が裂けそうな思いになった。近くて遠い国が、近い国へと変わることを願いたい。


評価:★★★★★

監督:ヤン・ヨンヒ
原案:ヤン・ヨンヒ
出演:安藤サクラ、井浦新、ヤン・イクチュン、京野ことみ、大森立嗣、村上淳、省吾、塩田貞治、鈴木晋介、山田真歩、井村空美、吉岡睦雄、玄覺悠子、金守珍、諏訪太朗、宮崎美子、津嘉山正種・・・他
製作国:日本
製作:スターサンズ

【かぞくのくに】
http://kazokunokuni.com/

評価・紹介No.:2012-152
スポンサーサイト
【2012/08/23 03:10】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する