[PR] 株式情報
『ロック・オブ・エイジズ』
落ちぶれたロックスターが、夢を追う若者に出会った――









80年代のロックナンバーで構成されたブロードウェイ・ミュージカル「ロック・オブ・エイジズ」の映画化。音楽で成功することを夢見る少年と少女がロックスターと出会い、それぞれの運命が思わぬ方向に回り始めるさまを描く。


1987年のハリウッド。歌手を夢見て田舎から出てきたシェリーは、ロックの殿堂“バーボンルーム”で働く青年ドリューと知り合い、彼の紹介でウェイトレスとして働くことになり、やがて二人は距離を縮めいく。そんなある日、カリスマ・ロックスターのステイシー・ジャックス率いるバンド「アーセナル」の解散ライブがバーボンルームで行われることになった。ドリューのバンドは前座に抜擢され成功するのだが・・・



2009年にブロードウェイで初演されたミュージカル。夢追う若者の恋と夢とのサクセスストーリーと、落ちぶれたカリスマ・ロックスターが再燃する。歌は知らなくても、体がリズムをとってしまうロックミュージカル。恋の行方や夢を諦めないと物語自体は定番的ストーリーだが、ロック愛と魂(ソウル)が感じられる。ジュリアン・ハフとディエゴ・ボネータの主役二人の初々しさと上半身裸でちょっとイッちゃってるトム・クルーズやギラギラとロック反対運動をしているキャサリン・ゼタ=ジョーンズ等の新旧コラボレーションが見事に調和している。80年代が青春時代だった人には懐かしく、80年代以降生まれの人には新鮮に感じられるだろう。ミュージカルやロックが苦手でも、トム・クルーズの怪演と裸と歌だけでも楽しめるはずだ。


評価:★★★★

原題:Rock of Ages
監督:アダム・シャンクマン
出演:ジュリアン・ハフ、ディエゴ・ボネータ、ラッセル・ブランド、ポール・ジアマッティ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マリン・アッカーマン、メアリー・J・ブライジ、アレック・ボールドウィン、トム・クルーズ、ブライアン・クランストン、ケヴィン・ナッシュ、ジェフ・チェイス、ウィル・フォーテ、T・J・ミラー、イーライ・ロス、ヌーノ・ベッテンコート、デビー・ギブソン、セバスチャン・バック・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【ロック・オブ・エイジズ】
http://wwws.warnerbros.co.jp/rockofages/

評価・紹介No.:2012-180
スポンサーサイト
【2012/10/09 03:22】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する