[PR] 株式情報
『アウトレイジ ビヨンド』
全員悪人 完結。


一番悪い奴は誰だ?









暴力団の内部抗争を描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」の続編。


暴力団・山王会の権力抗争から5年。千代亡き後会長が交代し関東の頂点を極めた山王会は政界まで勢力を広げていた。マル暴の刑事の片岡は、山王会壊滅のため関西最大の花菱会と対立させるべく画策していた。そんな中、獄中で死んだはずの元山王会大友組組長の大友が生きていたという事実が持ち上がる。突然仮釈放を告げられた大友は、再び抗争の渦中へと巻き込まれるのだった・・・



前作から5年、先代会長殺害で会長となった加藤と親分を裏切り寝返った男の石原による拝金主義組織となった山王会は成果主義で古参幹部もリストラ対象と企業のようだ。そんな山王会はヤクザの世界だけではなく政界にまで手を出し関東最大の暴力団に。そんな山王会を壊滅させようとする警察。そして、何を考えているかわからないマル暴の刑事片岡に担ぎ出された関西最大の暴力団・花菱会との三つ巴の抗争劇。そこに前作の主役の大友が加わるという構図だ。前作同様、怒号の嵐と目を背けたくなるようなシーンはあるが、今一つ物足りなさを感じてしまう。獄中ですっかり堅気となってしまった大友の迫力不足やただドンパチとやっているだけの抗争に緊迫感がないからだろう。続編として前作を超えるエグさがほしかったように思う。山王会に絡む悪人は完結したが、この先に続く予感がするラスト。大友の世話をした韓国フィクサーを絡めたアジアを取り巻く物語となるのかと期待をしてしまう。


評価:★★★

監督:北野武
出演:ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁、田中哲司、名高達男、光石研・・・他
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース、オフィス北野

【アウトレイジ ビヨンド】
http://wwws.warnerbros.co.jp/outrage2/

評価・紹介No.:2012-183
スポンサーサイト
【2012/10/12 03:43】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する