[PR] 株式情報
『ロラックスおじさんの秘密の種』
秘密の種を守るのじゃ!!










アメリカの児童文学作家ドクター・スースの原作児童書を基に、人工で出来た街を舞台に最後の一粒となった木の種をめぐり大冒険を繰り広げる少年の活躍を描いた冒険ファンタジー。


少年テッドが住む街は、プラスチックででき大気汚染により本物の木は1本も生えていなかった。ある日テッドは、憧れの女の子オードリーが見たいと言った本物の木を見つけるために、祖母から教えてもらった街の外で一人で暮らす老人ワンスラーに会いに行く。テッドは彼から街から木がなくなってしまった経緯を聞くのだった・・・



昔は豊かな自然がいっぱいで動物と仲良く暮らしていた街も、伐採により汚染し、土も木もなく空気すら人工でできたイミテーションな街へと変貌する。有力者の刷り込みによりイミテーションが素晴らしいと思い込む住人たち。環境汚染をテーマに、本物の木を探すことの行動と勇気により世界が変わることを描く。ポップでカラフルな色彩とドタバタとした冒険アトラクションは楽しめる。しかし、タイトルのロラックスおじさんが何かするわけでもなく、物語としてはあまりにも平凡すぎる。また、空気を売って金儲けをしているオヘアを悪者扱いしているのも矛盾を感じてしまう。自分のための住民への刷り込みは行き過ぎているが、住民のために空気を作りビジネスをしただけだ。秘密の種にしても、どうしてテッドなのかという疑問も残ってしまう。ありきたりではあるが、テッドがワンスラーのヒントを頼りに秘密の種を探すほうが説得力があったように思った。


評価:★★

原題:Dr. Seuss' The Lorax
監督:クリス・ルノー
原作:ドクター・スース「The Lorax」
出演:ダニー・デヴィート、エド・ヘルムズ、ザック・エフロン、テイラー・スウィフト、ロブ・リグル、ジェニー・スレイト、ベティ・ホワイト・・・他
(日本語吹替:志村けん、トータス松本、宮野真守、能年玲奈、山寺宏一、LiLiCo、京田尚子、国本武春・・・他)
製作国:アメリカ
配給:東宝東和

【ロラックスおじさんの秘密の種】
http://loraxojisan.jp/

評価・紹介No.:2012-187
スポンサーサイト
【2012/10/18 03:34】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する