[PR] 株式情報
『推理作家ポー 最期の5日間』
史上初の推理作家 VS ポーに魅せられた小説模倣犯


偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、
なぜ死んだのか…?












アメリカの推理作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々に焦点を当てたサスペンス・スリラー。


1849年のボルチモアで密室で母娘が犠牲となる凄惨な猟奇殺人事件が発生する。若手刑事フィールズは、事件が推理作家エドガー・アラン・ポーの作品によく似ていることに気づく。たてつづけに起こる連続殺人に、フィールズはポーに捜査の協力を要請する。そんなある日、ポーの婚約者エミリーが誘拐され、犯人はポーに一連の事件を小説にして新聞に掲載しろと挑戦状を叩きつけるのだった・・・



「モルグ街の殺人」「マリー・ロジェの謎」等の推理小説を書いたエドガー・アラン・ポー。そんな彼の謎めいた死と、とポーが対峙した最後の5日間を大胆な発想で史実とフィクションを交えて描くサスペンス。連続で起こる殺人事件の手口はポーが書いた推理小説と同じ手口。模倣犯が起こす連続殺人とポーの推理小説の謎解きをして、誘拐された婚約者を助けだし犯人を追う。心理戦、頭脳戦でミステラスに描かれるが、派手なアクションやトリックもなく、いまひとつおもしろみに欠ける。ストーリーや演出が平凡な上に、推理作家ポーに魅力が全く感じられない。おまけにラストはマヌケで、都合よく締められておりサスペンスとしてもおもしろくはない。ポーの推理小説ファンであれば、連続殺人の手口など楽しめるところはあるのだろうが・・・せめてポーの死が衝撃的なものであればよかったのだが・・・


評価:★★

原題:The Raven
監督:ジェームズ・マクティーグ
出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー、オリヴァー・ジャクソン=コーエン、ジミー・ユール、パム・フェリス、ブレンダン・コイル、エイドリアン・ローリンズ、マイケル・シャノン、アナ・ソフレノヴィック・・・他
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【推理作家ポー 最期の5日間】
http://www.movies.co.jp/poe5days/

評価・紹介No.:2012-190
スポンサーサイト
【2012/10/21 03:04】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する