[PR] 株式情報
『希望の国』
それでも世界は美しい


突然おとずれた不安、痛み、苦しみ、別れ……
ただ、愛するものを守りたい










震災と原発事故をテーマに、原発事故により翻弄される家族の姿を描いたヒューマンドラマ。


20XX年、長島県で酪農を営む小野泰彦は、妻と息子夫婦と一緒に暮らしていた。そんなある日、大地震により原子力発電所が事故を起こし半径20km圏内が警戒区域に指定された。小野家は区域から外れたが、道路を隔てた鈴木家は強制的に避難させられる。泰彦は息子夫婦を避難させるが、自らはそこに留まるのだった。しかし、原発の状況が刻々と悪化していき、小野家も避難区域に指定されるのだった・・・



舞台は東日本大震災から数年後の長島県という架空の街。原発事故により翻弄される老夫婦と息子夫婦と震災により家族の消息がつかめない少女とその彼氏の6人の姿を映す。東日本大震災による福島第一原子力発電所事故に対する反原発と国の対応についての批判、原発差別などを描く内容だ。とにかく放射能への異常な反応が目につく。特に小野家の息子の妻の放射線恐怖症となった異常さ。宇宙服のような防護服を着て、野菜や空気の汚染を機器で測る恐怖心は理解はできるが、見ていて不快感が残る。「弾もミサイルも見えないが、見えない弾が飛び交う戦争」という言葉は非常に印象に残るが、ドラマ自体が抽象的過ぎて重さを感じない。また極端な国の対応や老夫婦の結末も理解に苦しむ。放射能について医者が嘘をついているというのは衝撃的だった。日本が「希望の国」へとなるように願いを込められた作品だとは思うが、抽象的かつ異常さだけが残ったのは残念だった。


評価:★★

監督:園子温
出演:夏八木勲、大谷直子、村上淳、神楽坂恵、清水優、梶原ひかり、菅原大吉、山中崇、河原崎建三、筒井真理子、でんでん、浜田晃、大鶴義丹、松尾諭、吉田祐健、並樹史朗、米村亮太朗、吹越満、伊勢谷友介、手塚とおる、田中壮太郎、本城丸裕、深水元基、大森博史、占部房子、井上肇、堀部圭亮、田中哲司・・・他
製作国:日本、イギリス、台湾
配給:ビターズ・エンド

【希望の国】
http://www.kibounokuni.jp/

評価・紹介No.:2012-194
スポンサーサイト
【2012/10/29 03:40】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する