[PR] 株式情報
『009 RE:CYBORG』
終わらせなければ、始まらない。










故・石ノ森章太郎原作の未完のSF漫画「サイボーグ009」を、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズや「東のエデン」の監督である神山健治監督により映画化したオリジナルストーリー。


かつて世界を数々の危機から救った9人のゼロゼロナンバーサイボーグは、その役目を終え、各々の国へと戻っていた。そして2013年、世界中の大都市にある超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生する。誰の意志で計画されたかもわからない無差別テロは、世界を不安とパニックへと陥れていた。この未曾有の危機を前に彼らは生みの親であるギルモア博士のもとに再び集結しようとしていた。一方、ゼロゼロナンバーサイボーグのリーダーである島村ジョーは、過去の記憶を消し記憶をリセットされ、高校3年間を繰り返していたのだった・・・


ベトナム戦争や東西冷戦を背景に戦ってきたゼロゼロナンバーのサイボーグ戦士たち。時代は現代、同時多発テロや核兵器といった脅威をテーマにサイボーグ戦士の活躍を描く。今回の敵はかつて戦ったブラックゴーストや神々といったものではなく“彼の声”という存在がわからぬ未知なるものだ。彼の声とは何か?破壊の真相は?というストーリーだが、内容としては宗教色が強く抽象的で謎が謎で終わってしまっている。またサイボーグ戦士の葛藤もなく活躍も中途半端すぎる。しかし、手描きのように見える3DCGIアニメ「リ・アニメーション」の映像美は非常に素晴らしい。あまりのも難解すぎるストーリーだったが、世界に対する警鐘は感じられた。


評価:★★★

監督:神山健治
原作:石ノ森章太郎「サイボーグ009」
出演:宮野真守、小野大輔、斎藤千和、大川透、増岡太郎、吉野裕行、杉山紀彰、丹沢晃之、玉川砂記子、勝部演之・・・他
製作国:日本
配給:Production I.G、ティ・ジョイ

【009 RE:CYBORG】
http://www.ph9.jp/

評価・紹介No.:2012-193
スポンサーサイト
【2012/11/01 00:22】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する