[PR] 株式情報
『リンカーン/秘密の書』
昼は大統領、夜はハンター


あの大統領には、
若き日から挑み続けた
誰も知らない戦いがあった――。










第16代アメリカ合衆国大統領・エイブラハム・リンカーンはヴァンパイア・ハンターだったという奇想天外な設定のホラー・アクション。


幼い頃に母を亡くしたエイブラハム・リンカーンは、母親が人々を襲うヴァンパイア集団に殺されたことを知る。母の復讐を誓ったリンカーンは厳しい修行を積みヴァンパイア・ハンターとなり夜な夜なヴァンパイアと戦っていた。しかし、個人の力だけでは彼らに太刀打ちできないと感じた彼は、政治家となりやがて大統領にまで上りつめるのだった・・・



アメリカの象徴でもある第16代アメリカ合衆国大統領・エイブラハム・リンカーン。そのリンカーンが昼は大統領、夜はヴァンパイア・ハンターとして戦うトンデモ設定なアクションムービーだ。奴隷解放や南北戦争といった史実を基に、リンカーン大統領が斧を武器にヴァンパイアを倒していくアクション設定は非常に面白い。(日本が舞台なら、天皇陛下が妖怪退治をするといったとこか)その奴隷問題や南北戦争に絡む闇の勢力がヴァンパイア。母を殺された復讐と国を守るために戦う大統領はヒーローであり、この暗い世の中に現れてほしい人物だ。そんな願いから作られたかは定かではないが、ヴァンパイアを倒すリンカーンの姿はスカッとする。しかし、あまりにも内容が陳腐すぎて面白さを感じられない。トンデモ史実で描くのなら、リンカーン暗殺もヴァンパイアの仕業というオチがあってもよかったと思う。アメリカ大統領選挙がタイムリーなネタだけに、現在の大統領にまでヴァンパイア・ハンターが引き継がれているというラスト設定があってもよかったように思った。


評価:★

原題:Abraham Lincoln: Vampire Hunter
監督:ティムール・ベクマンベトフ
原作:セス・グレアム=スミス「ヴァンパイアハンター・リンカーン」
出演:ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、アンソニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ルーファス・シーウェル、マートン・ソーカス、ジミ・シンプソン、ジョゼフ・マウル、ロビン・マクリーヴィー、エリン・ワッソン・・・他
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス

【リンカーン/秘密の書】
http://www.foxmovies.jp/lincoln3D/

評価・紹介No.:2012-199
スポンサーサイト
【2012/11/07 03:34】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する