[PR] 株式情報
『のぼうの城』
この男の奇策、
とんでもないッ!



豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。










第29回城戸賞を受賞した和田竜による脚本「忍ぶの城」を基に書き下ろした小説「のぼうの城」の映画化。たった500名の兵で豊臣軍20,000人の大群にケンカを売った実在の武将・成田長親の姿を描いたエンタテインメント時代劇。


天下統一目前の豊臣秀吉は、最後の敵である北条勢を攻めようとしていた。秀吉は、石田三成に周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名を持つ「忍城(おしじょう)」を落とすように命じる。その城には領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親という城主がいた。20,000の軍勢を従えた石田三成は忍城を包囲するが、長親は三成率いる軍勢を一歩もひかず迎え撃とうとしていた・・・



領民からは“でくのぼう”を揶揄し「のぼう様」と呼ばれ慕われ、農作業を手伝う呑気な男。天下統一を目指す豊臣秀吉の北条攻めにより忍城の城主となり、20,000の軍勢を500の兵で迎え撃つ。天才・策士なのか、それともただのバカなのか?腹だけは座っている“のぼう様”。呑気男なのだが、敵も味方も、そして映画を観ている者までの心を掴んでしまう。城を守り抜いたのは、猛者な家臣や農民たちの力なのだが、それを引き出したのはのぼう様だ。史実を基に、笑いを交えエンタテインメント時代劇として楽しめる。石田三成が仕掛けた「水攻め」はなかなか迫力で、あの災害が頭をよぎった。狂言回しな役とはいえ、のぼう様演じる野村萬斎の狂言口調がやや浮いてしまう感はあったが、それでものぼう様の魅力は薄れなかった。


評価:★★★★

監督:犬童一心、樋口真嗣
出演:野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、西村雅彦、平泉成、夏八木勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田吟、中尾明慶、尾野真千子、芦田愛菜、ピエール瀧、和田聰宏、ちすん、米原幸佑、中村靖日、市村正親、佐藤浩市・・・他
製作国:日本
配給:東宝、アスミック・エース

【のぼうの城】
http://nobou-movie.jp/

評価・紹介No.:2012-200
スポンサーサイト
【2012/11/08 03:52】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する