[PR] 株式情報
『ふがいない僕は空を見た』
生きる。
それだけのことが、
何故こんなに苦しくて愛おしいのだろう。













第24回山本周五郎賞を受賞した窪美澄の同名連作短編集の映画化。


高校生の卓巳は、友人に誘われて行ったアニメ同人誌のイベントでアニメ好きの主婦・あんずと出会う。やがて二人は深い仲になり、アニメキャラクターのコスプレをして情事に耽るようになるが、何者かにその写真や動画をばら撒かれてしまう。一方、痴呆症の祖母と団地で暮らす卓巳の友人の福田は、コンビニでバイトをしながら極貧の生活に耐えていた・・・



主婦と付き合う高校生、家庭に居場所がない主婦、古い団地に暮らす同級生、命を見つめる助産師の母を主人公に、5つの短編からなる小説を一つにまとめ、男女の「性」と「生」をテーマにしたヒューマンドラマ。高校生と主婦のコスプレ情事、セックスレス夫婦、同性愛といった「性」、出産、セックスレスと不妊治療、痴呆介護と極貧での生活といった「生」を描いている。「性」と「生」ではあるが、どちらも「生」(命)へとつながっていく。弱い男女が苦悩や葛藤と向き合い、それを乗り越え新たな道を歩む姿は重苦しい閉塞感から解放され、温かさが感じられた。明るく温かく感じられるが、未来の「性」と「生」について少し考えてしまうラストだった・・・



評価:★★★★

監督:タナダユキ
原作:窪美澄「ふがいない僕は空を見た」
出演:永山絢斗、田畑智子、窪田正孝、小篠恵奈、田中美晴、三浦貴大、銀粉蝶、梶原阿貴、吉田羊、藤原よしこ、山中崇、山本浩司、原田美枝子・・・他
製作国:日本
配給:東京テアトル

【ふがいない僕は空を見た】
http://www.fugainaiboku.com/

評価・紹介No.:2012-208
スポンサーサイト
【2012/11/28 03:28】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する