[PR] 株式情報
『テッド』
世界一ダメなテディベア、出没。
動いて、喋って、オヤジになった。



友達のいない少年の願いは、テディベアに魂を与えた。しかし…








命が宿ったテディベアのぬいぐるみと大人になりきれない中年男が巻き起こす騒動を描いたファンタジー・コメディ。


1985年・ボストン郊外。いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、クリスマスプレゼントでもらったクマのぬいぐるみと友達になれるよう天に祈りを捧げた。翌朝、ジョンの願いが叶い魂が宿った“テッド”と一生友達だと誓い合う。それから27年、中年オヤジとなったジョンと見かけは変わらないが中身はエロオヤジと化したテッドは、マリファナを片手にB級映画を満喫している。そんなある日、ジョンは4年間付き合っている彼女のローリーから自分とテッドのどちらが大事なんかという選択を迫られる・・・



見かけはかわいいが、中身はハッパに下ネタにエロで下品な中年不良オヤジなテディベアのテッドと大人になりきれない中年オヤジのジョン。27年来の親友でB級映画を観ながらダラダラと過ごす日々。子供のころのファンタジーも歳を重ねて堕落へと。そんな二人の間に割ってきたのはジョンの恋人だ。究極の選択で自立の道へと促すが似た者同士の二人は・・・おバカで下品で終始笑ってしまうが、親友ジョンのために一肌脱ぐテッドと、テッドのことを思うジョンの姿、このふたりの友情には涙腺を刺激させられる。友情と愛情と奇妙な三角関係のテッドとジョンとローリーは最強の三人だ。映画ネタが多く、本人までもが出演する内容に、映画ファンとしては楽しむところがいっぱいだ。下品すぎるところはテッドのかわいらしさでカバー・・・とはいかないのが玉に瑕な映画だが、劇中のジョンたちのようにポップコーン片手に楽しめればそれでヨシだ。


評価:★★★★★

原題:Ted
監督:セス・マクファーレン
出演:マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、ジョエル・マクヘイル、ジョヴァンニ・リビシ、パトリック・ウォーバートン、マット・ウォルシュ、ジェシカ・バース、エイディン・ミンクス、ビル・スミトロヴィッチ、ノラ・ジョーンズ、サム・ジョーンズ、トム・スケリット、ブレットン・マンリー、ラルフ・ガーマン、アレックス・ボースタイン、ローラ・ヴァンダーヴォート、ジェシカ・ストループ、メリッサ・オードウェイ、レイ・ロマノ、ライアン・レイノルズ、テッド・ダンソン、セス・マクファーレン・・・他
製作国:アメリカ
配給:東宝東和

【テッド】
http://ted-movie.jp/

評価・紹介No.:2013-010
スポンサーサイト
【2013/01/26 03:00】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する