[PR] 株式情報
『草原の椅子』
血のつながらない子供を愛したとき、
もう一度生き抜くと決めた男二人と女一人。












太宰治賞、芥川賞を受賞受賞した宮本輝の原作小説の映画化。心に傷を負う3人の男女が親に見捨てられた少年と出会い人生の岐路に立ち今後を模索し再生していく姿を描くヒューマンドラマ。


カメラメーカーの営業局次長の遠間は、バツイチで大学生の娘と暮らしていた。50歳を過ぎて取引先の社長・富樫と親友として付き合い友情が芽生える。そして、器屋のオーナー・貴志子と出会い、淡い思いを寄せるようになる。そんな折、娘を介して出会った母親の虐待により心に傷を負った4歳の少年・圭輔の面倒を見ていた遠間は、ある写真集に心を動かされる。遠間たち4人は、「世界最後の桃源郷」と呼ばれるフンザへと旅立つ決意をするのだった・・・



営業方針、リストラ、社員の自殺等、心に葛藤を持つ2人の男と、家庭のことで心に傷を持つ1人の女。そんな3人が、母親からの虐待で心を閉ざしてしまった少年と出会い、ふれあい人生を見つめ直す。知人の写真集に魅せられ、そこに写っていたパキスタンのフンザへ旅立ち、答え探しの旅に出る。見知らぬ大人の愛情により心を開くようになった少年と、目線を下げて少年と接する大人たちの交流は優しく温かさが感じられる。フンザの景色、そして106歳のおじさんや子供たちは神秘だ。あまりにも予定調和過ぎなエンディングには少し萎えてしまったが、人生を見つめ直すヒントを見つけられそうな映画だ。狂気の怪演を見せる小池栄子はこの映画でも存在感を見せつけていた。


評価:★★★★

監督:成島出
原作:宮本輝「草原の椅子」
出演:佐藤浩市、西村雅彦、吉瀬美智子、小池栄子、AKIRA (EXILE)、黒木華、貞光奏風、中村靖日、若村麻由美、井川比佐志・・・他
製作国:日本
配給:東映

【草原の椅子】
http://www.sougennoisu.jp/

評価・紹介No.:2013-032
スポンサーサイト
【2013/03/01 03:17】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する