[PR] 株式情報
『クラウド アトラス』
いま、<人生の謎>が解けようとしている。










19世紀から文明崩壊後までの六つの時代と場所を舞台に、主人公の男を軸として何度も出会っては別れ、争いを繰り返していく人間の神秘を描く壮大なスペクタル・ドラマ。


1849年、若き弁護士ユーイングは太平洋上の船で病にかかり、邪悪な医者グースの餌食になろうとしていた…1936年、作曲家志望のフロビシャーは、天才作曲家の元で夢に見た最高傑作を完成させようともがき苦しむ…1973年、ある女性ジャーナリストは巨大企業の汚職を追及しようとするが、企業が雇った殺し屋に命を狙われる…2012年、巨大企業の陰謀を描いた著書がベストセラーになるが、自らが生んだトラブルから老人介護施設に監禁同様に入院させられてしまう…2144年、廃墟の上に作られた街で、クローンの「ソンミ451」は自我が芽生え始め、革命家への道を歩み始める…そして文明が崩壊した弱肉強食の時代、生きるために脅えながら生きてきた男は、進化した人間コミュニティから来た女性と出会い…



過去から未来に起こる「波乱に満ちた航海」「幻の名曲秘話」「巨大企業の陰謀」「ある編集者の大脱走」「伝説のクローンと革命」「崩壊した地球での戦い」の6つの時代とそれぞれ違った場所での出来事をランダムに物語は進み、主人公の男の時空を超えた数奇な物語を描く。輪廻転生を描いたスペクタル巨編ではあるが、どうも的外れている。個々の物語はそれなりにサスペンスチックで興味深く面白さもあるが、演出やそれぞれの関連性に面白味がない。おまけにこの内容で3時間近くの上映時間というのは、体の苦痛に耐えなながら頭の中の混乱を整理しないといけないのでかなり大変である。ただ、過去、現代、未来、崩壊後の映像とキャストが6つの時代を様々なキャラクターを演じるのは演技という面で面白さはある。特に韓国人のペ・ドゥナの役柄は驚きがあった。


評価:★★

原題:Cloud Atlas
監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー
原作:デイヴィッド・ミッチェル「クラウド・アトラス」
出演:トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジム・スタージェス、ペ・ドゥナ、ベン・ウィショー、ジェームズ・ダーシー、ジョウ・シュン、キース・デヴィッド、デヴィッド・ジャーシー、スーザン・サランドン、ヒュー・グラント・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【クラウド アトラス】
http://wwws.warnerbros.co.jp/cloudatlas/

評価・紹介No.:2013-046
スポンサーサイト
【2013/03/27 03:04】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する