[PR] 株式情報
『シュガー・ラッシュ』
いま、ゲームの世界の“裏側”で
“悪役キャラ”ラルフの冒険が始まる!



「誰だって、ヒーローになりたいんだ…」









ゲームの世界を舞台に、ヒーローにあこがれる人気ゲームの悪役キャラクターがお菓子の国のレース・ゲームで巻き起こす奇想天外な冒険を描いたファンタジー・アドベンチャー。


人気アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の悪役キャラのラルフは、人々から嫌われていることにうんざりとしていた。ヒーローになりたいと願う彼は、ヒーローの証のメダルを手に入れるためシューティングゲームに潜り込む。メダルを手に入れて自分お世界へ帰ろうとしたとき、思わぬトラブルによりお菓子の世界のレースゲーム「シュガー・ラッシュ」へと移動してしまう。そこで彼は、不良プログラムのため仲間ずれにされている少女ヴァネロペと出会う。独を抱えていた二人は、意気投合し友情を深めていくのだが・・・



夜、人間が寝静まると動き出すおもちゃの姿を描いた「トイ・ストーリー」のように、閉店後ゲームの世界でゲームキャラクターが裏世界で暮らす。そんな世界で悪役に嫌気をさした悪役キャラが、ひょんなことから別のゲームの世界で冒険をする。悪役キャラとはいえ心優しきラルフ。そんな彼が仲間はずれにされているレースゲームの少女ヴァネロペを励まし助ける姿は勇気を与えてくれる。ゲームを超えたラルフとヴァネロペの友情やラルフと同じゲームのフェリックスとの絆などは思わずホロリとしてしまう。ゲームの世界にも御法度の掟がある中、掟を破ったことでゲームが廃棄となるかといったハラハラ感はアトラクションにいるようだ。本物のゲームキャラクターがカメオ出演しているのも嬉しく、甘ったるい色合いや意外なラブロマンスなど、観ていて楽しめる作品である。


評価:★★★★

原題:Wreck-It Ralph
監督:リッチ・ムーア
出演:ジョン・C・ライリー、サラ・シルヴァーマン、ジャック・マクブレイヤー、ジェーン・リンチ、アラン・テュディック、・・・他
(日本語吹替え:山寺宏一、諸星すみれ、花輪英司、田村聖子、多田野曜平・・・他)
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【シュガー・ラッシュ】
http://www.disney.co.jp/sugar-rush/

評価・紹介No.:2013-052
スポンサーサイト
【2013/04/02 03:14】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する