[PR] 株式情報
『桜、ふたたびの加奈子』
あの子はきっと
生まれ変わって
帰ってくる――



亡くなった娘に会いたい。
母の一途な想いが
手繰り寄せた、
母と子の絆、
いのちの不思議を描く
感動の物語。










新津きよみの小説の映画化。最愛の娘を亡くした母親が、娘に会いたいという一途な想いから数々の巡り会わせ呼び、再生していくヒューマン・ドラマ。


小学校入学前の娘・加奈子を不慮の事故で亡くした容子は、娘の死を受け入れられず、死んだ娘のために食事を作り、話しかけ、出かけるようになる。夫の信樹は、そんな容子を救い出したいと願いながらも、現実を受け入れられない容子に苛立ちを募らせていた。そんなある日、容子は妊娠中の女子高生・正美に出会、その子供が娘の生まれ変わりだと信じるようになり・・・



不慮の事故で死んだ娘の輪廻転生と失意の夫婦の再生を描いたファンタジックなヒューマン・ドラマだ。最愛の娘を亡くした母の喪失から、娘に会いたいという一途な想いから生まれた奇跡を描くが、あまりにも唐突な巡り合わせや生まれ変わりがご都合主義的に進んでいる。最愛の娘の死と向き合えない喪失というはわかるが、主人公・容子の娘の生まれ変わりという思い込みや、養女としたいという一方的な考えはあまりにも自己中心的で共感することができない。ファンタジックで涙誘う物語ではあるが、自己中心的なご都合主義物語は、不快感が残った。


評価:★★

監督:栗村実
原作:新津きよみ「ふたたびの加奈子」
出演:広末涼子、稲垣吾郎、福田麻由子、高田翔、江波杏子、吉岡麻由子、田中里衣、永井秀樹、岸建太朗、戸田みのり、横溝菜帆、吉満蒼、安藤聖、山城秀之、富永凌平、増本庄一郎、岡野謙三、米谷澪、西岡航、太田しずく・・・他
製作国:日本
配給:ショウゲート

【桜、ふたたびの加奈子】
http://sakura-kanako.jp/

評価・紹介No.:2013-060
スポンサーサイト
【2013/04/16 03:22】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する