[PR] 株式情報
『ペタル ダンス』
あなたが元気でいてくれたら、うれしい。


彼女たちは旅にでる。6年ぶりに会う友だちに思いを伝えるため――。









さまざまな苦しみや悲しみを抱えながらも懸命に生きる女性たちが、小さな旅のなかで人生を見つめなおしていくロードムービー。


大学からの友人であるジンコと素子は、友人のミキが海に飛び込んだという噂を耳にした。ジンコは、6年ぶりにミキに会いに行くことを決めるのだった。出発の朝、ジンコは電車に飛び込もうとしている女性を抱き止めるのだが、それは全くの誤解だった。ひょんなことから出会った原木と一緒に、3人はミキの住む北へと向かうのだった・・・



恋愛に踏み出せないジュンコ、会えなくなった友達を思う原木、かつての夫と再会した素子が、海で溺れて助かったミキに会いに行く。それぞれが、心に引っかかるものを持ち、旅をし再会し、つながりを感じることで新たな一歩を踏み出していく。雪残る北の地、寒々とした海、風で倒れそうだが踏ん張っている木と、彼女たちの心を映し出す映像は印象に残る。アドリブのようなセリフと長回しは、リアルな女性を映し出している。あまりにも抽象的すぎる内容なのは残念だが、心の重さが少し軽くなるような映画だった。


評価:★★

監督:石川寛
出演:宮崎あおい、忽那汐里、安藤サクラ、吹石一恵、風間俊介、後藤まりこ、韓英恵、安藤政信・・・他
製作国:日本
配給:ビターズ・エンド

【ペタル ダンス】
http://www.petaldance.jp/

評価・紹介No.:2013-066
スポンサーサイト
【2013/04/24 03:45】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する