[PR] 株式情報
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』
四つの運命は、【謎】で出会う。さあ、冒険のはじまりだ。








作家・東直己の推理小説シリーズ「ススキノ探偵シリーズ」の映画化で、2011年に公開された「探偵はBARにいる」の第2弾。


札幌・ススキノのショーパブで働くオカマのマサコちゃんが何者かに殺された。警察の捜査が進展しないまま3ヶ月が経ち、探偵は相棒の高田と聞き込みをするが、誰もが口をつぐんでしまう。事件の背後に政界と裏社会の思惑が渦巻いていた。そんな中、探偵のもとに美人バイオリニストの弓子が現れ、事件の真相を暴くよう依頼するのだった・・・



「ススキノ探偵シリーズ」の第5作「探偵はひとりぼっち」の映画化。札幌はススキノを舞台に、優しきオカマの死とその裏に見え隠れするカリスマ政治家、そして謎の美人バイオリニストの真意をサスペンスフルに描く。前回同様小ネタやコミカルな描写、パート1からのキャラクターで笑わせながらハードボイルド路線をしっかりと通している。前作もそうだったが、前半は面白いのだが後半になると失速してしまうのが惜しい。「探BAR」ファンにとっては第3弾を期待が高まるところだ。大泉洋と松田龍平のコミカルコンビよりも、高田号(高田の愛車)がちゃんと動くのかが気になってしまう。


評価:★★★

監督:橋本一
原作:東直己「探偵はひとりぼっち」
出演:大泉洋、松田龍平、尾野真千子、ゴリ、渡部篤郎、田口トモロヲ、篠井英介、波岡一喜、近藤公園、筒井真理子、矢島健一、松重豊、マギー、池内万作、安藤玉恵、佐藤かよ、麻美ゆま、桝田徳寿、冨田佳輔、徳井優、片桐竜次・・・他
製作国:日本
配給:東映

【探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点】
http://www.tantei-bar.com/

評価・紹介No.:2013-075
スポンサーサイト
【2013/05/17 03:28】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する