[PR] 株式情報
『エンド・オブ・ホワイトハウス』
ホワイトハウス陥落

取り戻せるか?タイムリミットは7時間



必ず、救出する









大統領を人質に取りホワイトハウスを占拠したテロリストから、元シークレット・サービスの男がたった一人で大統領の命と世界の命運を懸けて助け出そうとする姿を描いたアクション・サスペンス。


大統領付きのシークレットサービスのリーダーであるマイク・バニングは、雪の降り積もる夜、不慮の事故で大統領夫人を死なせてしまう。それから2年後の7月4日のアメリカ独立記念日、韓国の首相が来訪する中、ホワイトハウスが正体不明のテロリストによって占領されてしまう。彼らは大統領を人質にとり、第7艦隊の撤退と、核爆弾作動コードを要求する。現場を退いていたバニングは、テロリストにより陥落したホワイトハウスから大統領を救出するため、たった一人でホワイトハウスに飛び込むのだった・・・



難攻不落の要塞・ホワイトハウスを陥落させ、核の脅威を見せつけるテロリスト。13分で陥落させてしまう、テロリストたちの攻撃は凄まじく、スピーディでショッキング。そんなテロリストにシークレットサービスやシールズ部隊も歯が立たない。そんな中を元シークレットサービスの男が、頭脳とスキルで大統領救出のため奔走する。敵が明らかに北朝鮮を意識しており、現在アメリカが北朝鮮に対しての脅威が窺える。たった一人でテロ軍団から大統領を救うのは少し無理があるとは思うが、ホワイトハウス内でのドキドキな緊迫感がスリリングで手に汗握ってしまう。アメリカNo.1やジェラルド・バトラー祭感はあるが、ホワイトハウス襲撃というテーマは背筋が凍る思いがある。現実的にこのようなテロが起こった時の、核保有国がどう対応するのかが非常に気になってしまった。


評価:★★★★

原題:Olympus Has Fallen
監督:アントワン・フークア
出演:ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アンジェラ・バセット、ロバート・フォスター、コール・ハウザー、フィンリー・ジェイコブセン、アシュレイ・ジャッド、メリッサ・レオ、ディラン・マクダーモット、ラダ・ミッチェル、リック・ユーン・・・他
製作国:アメリカ
配給:アスミック・エース

【エンド・オブ・ホワイトハウス】
http://end-of-whitehouse.com/

評価・紹介No.:2013-091
スポンサーサイト
【2013/06/12 03:38】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する