[PR] 株式情報
『箱入り息子の恋』
恋をすれば傷を負う。
いつだって僕らは傷だらけだ。



代理見合いから始まるたった一度の恋と、取り巻く家族を描いた大人になりきれない大人たちの、問題山積みの感動作!









“35歳童貞男”が、目の不自由な女性に初めての恋をし、燃え上がる恋のパワーで自分の殻を破り成長していく姿を描いたラブ・ストーリー。


市役所に務める35歳の天雫健太郎は、恋愛経験もなくいまだに実家暮らしをしている。そんな息子を見かねた両親は、親同士が見合いをする「代理見合い」に参加する。そこで出会った今井夫妻の娘・奈穂子とお見合いすることになった健太郎は、目が不自由な奈穂子に生まれて初めて恋に落ちるのだった・・・



自宅と勤務先の市役所をただ行き来する日々を送っている男。彼女いない歴=年齢で、内気で愛想はなく、趣味はペットの蛙とゲームだけ。そんな男が目が不自由な女性に初めて恋をする。初めてのデート、初めての牛丼屋、初めてのキス・・・と、この二人の恋愛模様がピュアでとても初々しい。子離れできない娘の父親や事故等のアクシデントによる障害、そして偏見に傷つき絶叫しながらも、それに負けず彼女のために殻を破り成長していく姿は、思わず応援をしたくなる。「ロミオとジュリエット」ばりに彼女に会いに行ったり、息子に見合いをさせるために格闘ゲームをする親の姿など、コミカルな描写もブレンドされるのも良い。中学生のような恋だが、そのピュアな感じが非常に爽やかに感じられる恋愛映画である。


評価:★★★★

監督:市井昌秀
出演:星野源、夏帆、平泉成、森山良子、大杉漣、黒木瞳、穂のか、柳俊太郎、竹内都子、古舘寛治・・・他
製作国:日本
配給:キノフィルムズ

【箱入り息子の恋】
http://www.hakoiri-movie.com/

評価・紹介No.:2013-093
スポンサーサイト
【2013/06/15 03:33】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する