[PR] 株式情報
『風立ちぬ』
生きねば。


堀越二郎と堀辰夫に
敬意を込めて。











零式艦上戦闘機(通称“ゼロ戦”)など優れた飛行機を次々と生み出した実在の人物・堀越二郎と作家・堀辰雄をモデルに、飛行機作りに情熱を傾ける青年の半生を描いた青春ドラマ。


大正から昭和にかけての日本。飛行機が大好きな少年・堀越二郎は、イタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという夢を描いていた。東京の大学を卒業し、三菱内燃機製造の航空技術者となった二郎は、飛行機の設計を手がけるようになる。ある夏、二郎は関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子と再会し恋に落ち婚約をする。しかし、彼女の体は病魔に侵されていたのだった・・・



本作はトトロやポニョといった大人も子供も楽しめるファンタジーアニメではない。実在したゼロ戦の設計者・堀越二郎の半生を昭和初期に活躍した作家・堀辰雄の小説「風立ちぬ」の要素を盛り込んだ青春ドラマだ。堀越二郎の飛行機作りの情熱、そして関東大震災で出会った菜穂子とのラブロマンスを描く。彼が尊敬するイタリア人飛行機製作者カプローニとの夢での出会いと時空を超えた友情、斬新な飛行機、波打つ関東大震災とジブリらしいファンタジックな映像は健在。しかし、二郎の飛行機作りも、菜穂子との儚い恋愛もぶつ切りで中途半端。個人的には恋愛描写などなく、飛行機への情熱一本でファンタジックに作り上げるべきだったのではと思う。また、主人公の声役に「新世紀エヴァンゲリオン」等の監督である庵野秀明を起用しているのだが、一本調子な台詞が念仏のようで眠気を誘う。もう少しどうにかならなかったのかと思ってしまった・・・


評価:★★

監督:宮崎駿
原作:宮崎駿「風立ちぬ」
出演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【風立ちぬ】
http://www.kazetachinu.jp/

評価・紹介No.:2013-115
スポンサーサイト
【2013/07/29 03:57】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する