[PR] 株式情報
『パシフィック・リム』
人類最後の望みは、この巨兵。











突如として現れた謎の巨大生命体とと人類が開発した人型兵器の死闘を描くSFアクション。


2013年、太平洋の深海の裂け目から突然未知の巨大生命体が現われる。“KAIJU”と名付けられたその怪物によって、世界各国の都市を次々と破壊される。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、KAIJUに対抗するための人型巨大兵器「イェーガー」を開発し対抗する。しかし、その底知れぬパワーに苦戦を強いられ人類滅亡の危機に瀕し、最後の決戦に挑もうとしていた・・・



日本のマンガ、ロボット、怪獣映画の伝統を敬愛してやまない巨匠ギレルモ・デル・トロ監督によるSFアクション。巨大怪獣VS巨大人型ロボットというドラマは、日本お得意のジャンル。これをハリウッドがVFX等を屈指して映像化している。巨大な怪獣をモンスターではなく“KAIJYU”と呼んだり、エヴァンゲリオン第13号機のような巨大人型シンクロロボット、「進撃の巨人」に描かれる高い壁他、ゴジラ映画やロボットアニメ等の要素をふんだんに取り入れている。ロボットアニメではおなじみの必殺技を放つときの掛け声や故横山やすしのギャグまで、日本への敬愛は半端ではない。兄弟愛、父と息子の絆といったものがテーマなのだが、巨大怪獣VS巨大人型ロボットのアクションに胸熱くなり興奮してしまう。日本人キャストの菊地凛子の生身アクションやハリウッドデビューとなった芦田愛菜の演技もすばらしい。ロボットアニメや怪獣ファンなら続編を期待するとこだが、次なるイェーガーは、合体ロボか空飛ぶロボなのか・・・?


評価:★★★★★

原題:Pacific Rim
監督:ギレルモ・デル・トロ
原案:トラヴィス・ビーチャム
出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、芦田愛菜、ロン・パールマン、バーン・ゴーマン、クリフトン・コリンズ・Jr、ディエゴ・クラテンホフ・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【パシフィック・リム】
http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/

評価・紹介No.:2013-127
スポンサーサイト
【2013/08/14 03:01】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する