[PR] 株式情報
『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」』
ヤマト迎撃の為、デスラーが使用した新兵器とは?
希望の星・イスカンダルを目前に
最後の死闘が今、始まる!












1974年に読売テレビ系列で放送された人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク作。ヤマト・プロジェクト全七章の最終章。


イスカンダルとガミラスが存在するサレザー恒星系へとワープアウトしたヤマト。だが、ガミラスの激しい攻撃に遭い、ヤマトは沖田艦長の命令により惑星ガミラスへと突入する。ガミラスとの死闘の末、ヤマトはイスカンダルへ辿り着き女王スターシャに謁見するが、彼女はヤマトクルーに思いもよらぬことを告げるのだった・・・



2012年4月より公開された「宇宙戦艦ヤマト2199」の最終章。第23話「たった一人の戦争」、第24話「遥かなる約束の地」、第25話「終わりなき戦い」、第26話(最終話)「青い星の記憶」の4話で構成される。ガミラスとの攻防、ガミラスに囚われた森雪の奪還、イスカンダルでのコスモリバース授受、そして地球へ帰還するヤマトの旅程を描く。最終章は旧作ヤマトとは違うオリジナルストーリーへと展開する。ネタバレはできないが、戦争に対する愚かさより、“愛”というものに重点を置いたように思う。コスモリバースの秘密やデスラーの奇行、ツッコミどころ満載なエピソード、そして広げたまま回収されずに放置されてしまったこと等々、ラストとしてはかなり消化不良な感じは否めない。とはいえ、約1年半にわたりヤマトをリブートさせた総監督の出渕監督はじめとしたヤマトクルーには拍手を送りたい。


評価:★★★

総監督:出渕裕
原作:西崎義展
出演:菅生隆之、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、チョー、田中理恵、佐藤利奈、平川大輔、藤原啓治、土田大、久川綾、内田彩、茅原実里、堀勝之祐、森田順平、秋元羊介、大塚明夫、山寺宏一・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【宇宙戦艦ヤマト2199】
http://yamato2199.net/

評価・紹介No.:2013-137
スポンサーサイト
【2013/08/28 03:46】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する