[PR] 株式情報
『ウルヴァリン:SAMURAI』
散ることのないサムライ。


エピソード・ニッポン。











マーベル・コミックのアメコミ「X-メン」シリーズの人気キャラクターで、超金属の爪を持つ不死の男・ウルヴァリンの活躍を描いた「ウルヴァリン」シリーズ第2弾。


カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンことローガンは、かつて命を救った大物実業家・矢志田に請われて日本を訪れる。しかし、病魔に冒された矢志田は息を引き取ってしまう。矢志田の葬儀の中、ヤクザの襲撃を受ける矢志田の孫娘・ マリコを守って、東京から長崎へと逃避行をする。ウルヴァリンはマリコと恋に落ちるが、何者かの罠にはまり不死身の治癒能力を失ってしまうのだった・・・



「ウルヴァリン」シリーズ第2弾は日本が舞台だ。カタコトの日本語が飛び交ったり、どこの国と思わせる日本描写と笑えるハリウッドジャパンは健在だ。おまけにミュータント並みのヤクザが登場と日本人ならツッコミのツボにハマってしまうだろう。ストーリーは、第二次世界大戦中に長崎の原爆から命を救った日本兵との再会とその礼。不死の力を失ったウルヴァリンが限りある命(=死)への恐怖と、日本人女性との恋を描く。アメリカンモンスターが“和”のスピリットに触れ、浪人からSAMURAIへと覚醒するウルヴァリン。モンスター同士のバトルアクションがなかったのは残念だが、ウルヴァリンの魅力を十分引き出した映画で、楽しめること間違いなしだ。


評価:★★★★

原題:The Wolverine
監督:ジェームズ・マンゴールド
原作:クリス・クレアモント、フランク・ミラー「Wolverine」
出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー、スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン、山村憲之介、小川直也、角田信朗、イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート・・・他
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス

【ウルヴァリン:SAMURAI】
http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai/

評価・紹介No.:2013-147
スポンサーサイト
【2013/09/25 03:25】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する