[PR] 株式情報
『陽だまりの彼女』
最初で最後の“恋(うそ)”だった。


10年ぶりに再会した初恋の人には、
“不思議な秘密”があった――











越谷オサム原作の同名ベストセラー恋愛小説の映画化。10年ぶりの運命的な再会をした男女が辿る不思議な恋の行方を描いたファンタジック・ラブストーリー。


広告代理店の新人営業マンの浩介は、仕事先で中学時代の幼馴染の真緒と10年ぶりに再会する。学年有数のバカと呼ばれてイジメられっ子だった真緒は、見違えるほど美しい女性になっていた。当時の想いが甦った浩介はと真緒、恋に落ち、やがて結婚を決心する。しかし、真緒には誰にも知られてはいけない秘密があった・・・



「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」を謳って累計発行部数100万部突破した恋愛小説。中学時代の同級生が10年ぶりの再会をし、惹かれ結婚するも彼女には不思議な秘密があった。一世一代の恋の嘘が起こす奇跡。彼女の不思議な秘密は、冒頭でわかってしまい、冷静に考えればそんなバカな話が・・・と思ってしまうが、この二人の恋模様が温かくてほんわかする。真緒の辿るラストには切なくなってしまうが、奇跡のハッピーエンドにホッとした気持ちになる。正直トンデモなストーリーではあるが、心をギュッとつかむ演出は最後まで楽しめる。劇中流れるビーチ・ボーイズの「素敵じゃないか」もうまく映画とマッチしていた。


評価:★★★★

監督:三木孝浩
原作:越谷オサム「陽だまりの彼女」
出演:松本潤、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、北村匠海、葵わかな、小籔千豊、西田尚美、とよた真帆、木内みどり、塩見三省、夏木マリ・・・他
製作国:日本
配給:アスミック・エース、東宝

【陽だまりの彼女】
http://www.hidamari-movie.com/

評価・紹介No.:2013-161
スポンサーサイト
【2013/10/21 03:59】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する