[PR] 株式情報
『飛べ!ダコタ』
その島が選んだのは
憎しみか
日本人の誇りか



終戦から5か月、佐渡の地に舞い降りた一機の英国機が運んだものは──
67年の時を経て今蘇る、戦争と国境を越えた感動の実話












終戦の翌年に佐渡島に不時着したイギリス空軍機の乗組員と地元住民の交流を描いた実話ドラマ。


終戦から5か月後の昭和21年1月14日、東京へイギリス総領事を送る途中だった一機のイギリス空軍要人機ダコタが佐渡島にある高千村の海岸に不時着する。つい半年前まで敵国であり、その戦争で家族を失った者や、帰らぬ息子を待つ者など、さまざまな想いを胸に抱く島民たちだったが、彼らを温かく迎え入れ、島民たちと英兵たちが力を合わせダコタを再び空に舞いあがせるための滑走路づくりに励むのだった・・・



終戦から半年後に新潟県の佐渡島で実際に起こったイギリス空軍機の不時着に絡む、佐渡島民とイギリス人との交流を描いたドラマだ。第二次世界大戦では敵国として戦っていた国のイギリス空軍機。敗戦したとはいえ、まだまだ鬼畜米英という国の教えや憎しみ、戦争の亡霊に惑わされながらも、困った者を助けるという佐渡の精神に従って、島民総出のボランティアでイギリス人を受け入れ、イギリス空軍機を飛ばすために滑走路を作る。物語は不時着したイギリス空軍機を飛ばしたという美談ではなく、敵国だった人間を憎み葛藤しながらも、人としての心で助け日英の絆を結ぶ島民の姿に胸が熱くなる。ドコタが飛び立つ瞬間の手に握った汗と、飛び立ったあとの清々しさで心地よい気持ちになれた。


評価:★★★★

監督:油谷誠至
出演:比嘉愛未、窪田正孝、洞口依子、中村久美、芳本美代子、螢雪次朗、園ゆきよ、マーク・チネリー、ディーン・ニューコム、綾田俊樹、ベンガル、柄本明・・・他
製作国:日本
配給:アステア

【飛べ!ダコタ】
http://www.tobedakota.com/

評価・紹介No.:2013-165
スポンサーサイト
【2013/10/25 03:41】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する