[PR] 株式情報
『ダイアナ』
やっと会える。本当のあなたに――。


世界で最も有名で、最も愛され、最も傷ついたプリンセス。












36歳で急死した元イギリス皇太子妃ダイアナが亡くなる前の2年間にスポットを当て、ひとりの女性として自立していく姿を描いたドラマ。


チャールズ皇太子と結婚したダイアナは、夫の不倫や王室との確執で夫別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた。そんなある日、心臓外科医のハスナット出会う。それから1年、離婚したダイアナは、地雷廃絶運動などの人道支援活動で世界を飛び回るのだった・・・



20歳で保育士から英国王室の皇太子妃となったダイアナ。可憐なプリンセスに人々は熱狂し、その後、長男、次男が誕生するも、夫の不倫問題や王室との確執で離婚してしまう。1997年8月31日、不慮の事故のより36歳という若さで亡くなるまでの2年間に焦点を当てたドラマだ。外に出るとゴシップ紙やパパラッチとの攻防で疲れ果ててしまう日々のダイアナ。そんなときに出会った心臓外科医ハスナットとの恋。自信で車を運転したり、ハスナットとのデートに変装したり、行動的なダイアナの私生活が描かれている。しかし、地雷廃絶運動などの人道支援活動や功績よりも、私生活のダイアナがヒステリックでストーカーのような描き方で、まるでゴシップ紙を見ているようで、なにか悪意を感じてしまう。どこまでが真実なのか?と思ってしまう描き方には残念に思った。


評価:★★

原題:Diana
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
原作:ケイト・スネル「Diana: Her Last Love」
出演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェームズ、キャス・アンヴァー、ローレンス・ベルチャー、チャールズ・エドワーズ、ジュリエット・スティーヴンソン、ジョナサン・ケリガン、ハリー・ホランド・・・他
製作国:イギリス
配給:ギャガ

【ダイアナ】
http://diana.gaga.ne.jp/

評価・紹介No.:2013-166
スポンサーサイト
【2013/10/26 03:25】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する