[PR] 株式情報
『清須会議』
これは、会議という名の戦である。


誰だ!最後に笑うのは?歴史が動いた5日間。











1582年に織田信長亡き後の織田家後継者選びと領地配分を決めるため開催された清洲会議の全容を描いた歴史エンタテインメント。


天正10年(1582年)、明智光秀が謀反による本能寺の変によって織田信長がこの世を去ってしまう。筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉は、後見に名乗りを上げる。勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、秀吉は次男で大うつけ者と噂される信雄をそれぞれ後継者に推薦する。やがて後継者を決める会議が開かれ、それぞれの思惑が猛烈に絡み合うのだった・・・



三谷幸喜監督が17年ぶりに書き下ろした自身の原作をベースに、26名の超豪華ゲストと笑いと驚きの歴史喜劇だ。本能寺の変により織田信長が亡くなり、その後継者選びをかつて信長が拠点とした清州城で柴田勝家と羽柴秀吉が火花を散らす。加齢臭漂う猛将・勝秀と、人の心を掴む名人の猿こと秀吉。信長の息子を持ち上げ、あの手この手と使い、お市や家臣等を巻き込んで織田家後継者選びと天下取りを窺う。三谷監督初の時代劇と歴史マニアということからか、地味なストーリーとなっているが、超豪華キャストの熱演もあり笑える内容となっている。前作「ステキな金縛りのあのキャラまで登場させるとこはニクイ演出だ。堅苦しくなく、お気軽に観れるあたりは三谷監督らしさがでていた。


評価:★★★

監督:三谷幸喜
原作:三谷幸喜「清須会議」
出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しんぺー、染谷将太、篠井英介、津島美羽、戸田恵子、梶原善、瀬戸カトリーヌ、近藤芳正、浅野和之、中村勘九郎、天海祐希、西田敏行・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【清須会議】
http://kiyosukaigi.com/

評価・紹介No.:2013-181
スポンサーサイト
【2013/11/18 03:04】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する