[PR] 株式情報
『四十九日のレシピ』
母の遺言は、四十九日の大宴会でした。


突然、母が死んだ。
大切猫とを伝えそびれた夫と、
知りたいことを聞きそびれた娘に遺されたのは、
母の人生が詰まった、一冊のレシピだった──。











NHKでドラマ化もされた伊吹有喜の原作小説の映画化。母の遺したレシピによって、それぞれに心に傷を負った家族が、心の傷と向き合いながら再生していく姿を描いたドラマ。

熱田良平は、妻の乙美が突然亡くなり生きる気力を失っていた。2週間が過ぎたころ良平の元へ派手な格好のイマドキ女子のイモが訪れる。イモは乙美から頼まれていた四十九日までの家事を引き受けに来たと話し、乙美が残した「レシピ」の存在を伝える。そこへ、夫の不倫で離婚届を突きつけてきた娘の百合子が東京から戻ってきた・・・



突然亡くなった妻。何もできない夫のために、手書きのイラスト入りで料理や掃除など日々の家事にまつわる知恵や、健康や美容のアドバイスが書かれた「暮らしのレシピカード」。ガンコおやじがワケアリ出戻りの娘、乙美が働いていた更生施設出身の女の子、日系ブラジル人の青年と四十九日までの奇妙な共同生活を始める。レシピに書かれた何気ない生活の知恵で、過去を想いだし自分を見つめ直し再生していく。普通の暮らしのレシピだ、手書きのイラストが温かく母の想いが伝わってくる。四十九日は母の遺言の大宴会へとなるのだが、ラストは乙美の人生を辿った自分史にホロリとしてしまう。コミカルに笑いながらホロリと感動させる温かみのある映画である。


評価:★★★★

監督:タナダユキ
原作:伊吹有喜「四十九日のレシピ」
出演:永作博美、石橋蓮司、岡田将生、二階堂ふみ、原田泰造、淡路恵子、内田慈、荻野友里、中野英樹、小篠恵奈、執行佐智子、赤座美代子、茅島成美・・・他
製作国:日本
配給:ギャガ

【四十九日のレシピ】
http://49.gaga.ne.jp/

評価・紹介No.:2013-182
スポンサーサイト
【2013/11/19 03:40】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する