[PR] 株式情報
『くじけないで』
人生は、いつだってこれから。


90歳を過ぎてデビューし、200万部のベストセラーとなった詩人、柴田トヨ。
激動の時代を生きたひとりの女性の、感動の実話。












90歳を迎えてから詩作を始め、多くの人に生きる勇気を与える詩を生み出した詩人・柴田トヨの詩集を基に、彼女の半生を描いた実話ドラマ。


明治、大正、昭和、平成と移りゆく世相を見つめてきた柴田トヨは、夫に先立たれ今は一人暮らし。ひとり息子の健一で、若い頃から小説家を夢見て定職に就かず、生活の方は、しっかり者の妻の静子頼りっきりで、それが一番の気懸かりだ。ある日、白内障の手術を受けてから気持ちが弱ってしまったようなトヨに、健一は突然、詩を書くことをすすめるのだった・・・



90歳を超えてから詩作を始め、「くじけないで」「百歳」というベストセラー詩集を世に送り出した柴田トヨさん。そのトヨさんのベストセラー詩集を基に、明治、大正、昭和、平成という激動の時代を生き抜いたトヨさんの半生を描いたドラマだ。白内障の手術後、バカ息子から勧められた詩作。主治医や離婚して父に気遣う娘の父親へ宛てた詩等、トヨさんの詩は元気の源で、その詩は、90歳を超えるおばあちゃんからの人生の応援歌だ。幼少時の奉公、戦争、若き日の家族との思い出等、懐かしさと温かさに満ち溢れている。ただ、息子健一の描写があまりにもバカ息子すぎて、少し水を差した感があったのは残念だった。


評価:★★★★

監督:深川栄洋
原作:柴田トヨ「くじけないで」「百歳」
出演:八千草薫、武田鉄矢、伊藤蘭、檀れい、芦田愛菜、上地雄輔、ピエール瀧、鈴木瑞穂、尾上寛之、黒木華、橋本じゅん、倉野章子、粟田麗、朝倉えりか、池澤巧貢、上神田らら、でんでん、池脇千鶴・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【くじけないで】
http://www.kujikenaide.jp/

評価・紹介No.:2013-192
スポンサーサイト
【2013/11/29 03:32】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する