[PR] 株式情報
『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』
彼は記憶を上書きされた。


誰もが僕を
騙している――!











司城志朗原作のミステリー小説「ゲノムハザード」の映画化。何者かに記憶を操作された男が、命がけの逃走劇を繰り広げながら記憶を取り戻そうとするサスペンス・アクション。


ある日、石神武人は自宅で妻が殺されているのを発見する。呆然としながら突然なった電話にでるとそれは亡くなったはずの妻からの電話だった。混乱する石神の前に警察を装った男たちが現れ連行されかけるが間一髪で逃走し、偶然出会った韓国人女性記者に助けられる。石神は、女性記者と協力して事件の解明に乗り出すが・・・



イラストレーターとして働いているはずの自分じは、本当は韓国人の天才科学者だった。人間の記憶というものがテーマのミステリー・サスペンス。上書きされた記憶の奥に潜む自分の記憶。混乱する中での自分探しと、上書きされた記憶の真実を突き止める。記憶探しで突き止めた消えていく記憶の研究とウイルス、そして製薬会社の陰謀。どっぷりと世界に引き込ませるストーリーはおもしろいが、随所にツッコミを入れたくなるところがあるのは惜しい。また、妻殺しがあっけなかったのも残念。日本語と韓国語を流暢に話し、自ら体を張ったアクションをする西島秀俊の演技は見どころである。


評価:よくできました

監督:キム・ソンス
原作:司城志朗「ゲノムハザード」
出演:西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子、浜田学、中村ゆり、パク・トンハ、イ・ギョンヨン、伊武雅刀・・・他
製作国:韓国、日本
配給:アスミック・エース

【ゲノムハザード ある天才科学者の5日間】
http://genomehazard.asmik-ace.co.jp/

評価・紹介No.:2014-013
スポンサーサイト
【2014/01/28 03:28】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する