[PR] 株式情報
『偉大なる、しゅららぼん』
不思議な力、使えます。
※「琵琶湖エリア」限定



日本最大のパワースポットで今、“秘められた力”を持つ一族が動き出す!










人気作家・万城目学の同名原作小説の映画化。琵琶湖で代々不思議な力を伝承してきた一族の跡取り息子と彼のお供をする分家の息子が、ライバルの一族を巻き込み思わぬ騒動へと発展していく様を描いたファンタジー・コメディ。


琵琶湖畔の街・石走には、1300年にわたり代々不思議な力を継承してきた日出一族に、分家の涼介が力の修業のためにやってきた。風変わりな日出家の面々に戸惑う涼介は、日出家の跡取りで最強の力の持ち主とされる淡十郎のお供として振り回される。そんな中、日出一族のライバル棗(なつめ)一族の広海が同じクラスとなり、トラブルが勃発し、それが世界の運命を揺るがす事態に発展する・・・



「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」「プリンセス・トヨトミ」と京都、奈良、大阪の次は滋賀県が舞台。古き時代より琵琶湖から不思議な力を得て対立している日出一族と棗一族。犬猿の仲の跡取りの恋愛トラブルと両一族の前に現れた謎の敵。日出一族と棗一族の力を持つ新敵を、両一族が協力し対決する。ストーリー自体は大したことはないが、小ネタや日出一族の跡取り・淡十郎のおとぼけ具合等で笑わせる。伝説の力を持つ殿様・淡十郎と毒舌最強女子:清子の不思議な力への悩みや日出一族の船頭・源爺の悲しい過去等が描かれているが、ストーリーが薄すぎる。また、琵琶湖が舞台なのに琵琶湖や滋賀県だという特徴的な描写がないのも残念だ。ただ、独特の万城目ワールドは醸し出している。物足りなさは残るが、それなりに笑る作品ではある。


評価:よくできました

監督:水落豊
原作:万城目学「偉大なる、しゅららぼん」
出演:濱田岳、岡田将生、深田恭子、渡辺大、大野いと、柏木ひなた(私立恵比寿中学)、小柳友、森若香織(GO-BANG'S)、三又又三、浜村淳、渡辺哲、貫地谷しほり、津川雅彦、田口浩正、高田延彦、佐野史郎、笹野高史、村上弘明、松平定知・・・他
製作国:日本
配給:東映、アスミック・エース

【偉大なる、しゅららぼん】
http://shurara-bon.com/

評価・紹介No.:2014-043
スポンサーサイト
【2014/03/15 03:41】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する