[PR] 株式情報
『ロボコップ』
半分人間、半分ロボット
最強の警官誕生。



彼が犯罪捜査を面白くする。










1987年に公開されヒットしたSFアクション「ロボコップ」のリブート。近未来のアメリカを舞台に、爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によってサイボーグ警官“ロボコップ”として生まれ変わった男の正義と愛する家族との過酷な運命を描く。


2028年、アメリカ・デトロイト。巨大企業オムニコープは、ロボット・テクノロジーで世界各地でロボットを軍事利用していた。しかし、アメリカではその配備が法律で禁じらており、オムニコープ社は、様々な手段を講じてこの法律の廃止を画策していた。そんな中、愛する家族と幸せな日々を過ごしていた警官のアレックスは、車の爆破に巻き込まれひん死の重傷を負う。オムニコープ社は、彼を最新のロボット技術により“ロボコップ”として再生させ、法規制の撤廃の広告塔として利用しようとしていた・・・



1987年に公開され、映画シリーズ3作の他、テレビシリーズやアニメにもなった“ロボコップ”。治安維持のためとロボットを配備したい巨大企業の陰謀と汚れた警察内部、そして不可解な爆発事故で極度の重傷を負いロボコップとして甦った男の葛藤と家族への愛を描く。リブート作なだけに基本ストーリーはオリジナルと同じだ。オリジナルがシルバーボディでいかにもロボットというデザインだったが、リブートでは黒いボディでスリムなデザインとなりロボコップMk-IIといった感じだ。また黒いスポーツバイクにライドする姿はカッコよく、某スーパーヒーローのようだ。スタイリッシュになっても、動く時の機械音はオリジナルと同じでファンにとっては嬉しく思えるだろう。冒頭からエンディングまで法改正のために訴えるメディア王の過激さが、今のアメリカのようで怖さを感じた。


評価:大変よくできました

原題:RoboCop
監督:ジョゼ・パジーリャ
出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、ジャッキー・アール・ヘイリー、マイケル・K・ウィリアムズ、ジェニファー・イーリー、ジェイ・バルシェル、サミュエル・L・ジャクソン・・・他
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【ロボコップ】
http://www.robocop-movie.jp/

評価・紹介No.:2014-047
スポンサーサイト
【2014/03/19 03:18】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する