[PR] 株式情報
『ローン・サバイバー』
ひとりでは、生き残れなかった。


仲間は命をかけて、たったひとりを守ろうとした――
想像を超える真実の物語。












ネイビー・シールズ史上最大の悲劇といわれる“レッド・ウィング作戦”の全貌を映画化した戦場アクション。


2005年6月、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの4人は、特殊任務でアフガニスタンの山岳地帯に降下する。偵察活動中、現地の山羊飼いの男たちと遭遇し計画が狂いだす。山羊飼いを拘束する。4人は激しい議論の末、山羊飼いを解放するが、その結果200人を超えるタリバン兵に囲まれてしまう。激しい銃撃戦の極限状況の中、ひとり、またひとり、敵の銃弾に倒れていく中、一人の兵士が生き延び奇跡的に生還するのだった・・・



タリバンのリーダーの暗殺を目的としたアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの特殊任務“レッド・ウィング作戦”。その作戦に参加したネイビーシールズ兵マーカス・ラトレルの手記「アフガン、たった一人の生還」を基に、作戦失敗とたった一人だけが生還できたのかという真実を描いた実話だ。ミッション中に山羊飼いと遭遇。民間人である山羊飼いを生かすか殺すかの決断。4人対200人超の戦闘という過酷なサバイバル。そんな戦場模様を伝える映画ではなく、イスラム=悪(すべてがタリバン)ではないということを描いている。戦闘地帯で言葉も通じないが、そこには人間がいるということ。痛々しい映像はリアルだが、戦場とはいえ“俺たちが正義だ”というアメリカのナショナリズムが不快さを残してしまう。この映画のほんとうの主人公は、シールズ兵ではなく古くから伝わる掟に従った村人である。


評価:よくできました

原題:Lone Survivor
監督:ピーター・バーグ
原作:マーカス・ラトレル、パトリック・ロビンソン「アフガン、たった一人の生還」
出演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスター、エリック・バナ、アリ・スリマン、アレクサンダー・ルドウィグ、ジェリー・フェレーラ・・・他
製作国:アメリカ
配給:東宝東和、ポニーキャニオン

【ローン・サバイバー】
http://lonesurvivor.jp/

評価・紹介No.:2014-053
スポンサーサイト
【2014/03/30 03:01】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する